TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うがい効果あった…ほんまかいな? 

うがい効果あった…浜松医大助教ら調査
  子ども発熱割合低く
 「うがい」はやっぱり風邪に効く?――。毎日うがいをする子どもは、うがいをしない 子どもより、風邪などの発熱性疾患にかかりにくかったという調査結果を、静岡県の浜松 医科大の野田龍也助教(公衆衛生学)らがまとめた。

 うがいは日本特有の習慣とされ、風邪などの予防効果を疑問視する研究者も多いが、野 田助教は「うがいには副作用もなく、安心して推奨できる」と話している。

 野田助教によると、うがいは日本では平安時代から行われている習慣だが、欧米では「 下品」な行為とみられ、ほとんど行われていない。さらに、研究者の間では、風邪などの 原因となるウイルスは短時間で細胞の中に取り込まれてしまうため水では洗い流せず、う がいは予防にならないとする意見が多いという。

 野田助教は、こうした研究者の見解に反して、国内でうがいが推奨され続けていること を不思議に思い、調査を実施した。

 調査は、2006年1~2月の20日間、福岡市の保育所145か所で、2~6歳の子 ども1万9595人を対象に行った。保育所で1日1回以上、水道水や緑茶などでうがい を行ったグループと、行っていないグループに分け、37・5度以上の発熱をした子ども の割合に差があるかどうかを調べた。

 その結果、うがいをする子どもが発熱する割合は0・4%だったのに対し、うがいをし ない子どもは1%が発熱していた。また、緑茶でうがいをした子どもが最も発熱しにくく 、食塩水、水道水の順に発熱者の割合が増えた。野田助教は「うがいで口中の環境が変わ ることが影響しているのではないか」とみており、「緑茶うがいの効果が高いのは、(茶 に含まれる)カテキンの影響だろう」と指摘した。

(2012年1月23日読売新聞より引用・一部改編)

 原著を読まないとはっきり分からないので、当ってみました。
Journal of Epidemiology Vol. 22 (2012) , No. 1 45-49

Gargling for Oral Hygiene and the Development of Fever in Childhood: A Population Study in Japan

Tatsuya Noda, Toshiyuki Ojima, Shinya Hayasaka, Chiyoe Murata and Akihito Hagihara


Abstractだけ訳してみます。

背景:発熱は子供たちの間で最も一般的な症状の一つであり、通常は呼吸器感染症によって引き起こされる。日本の保健当局は、長い間呼吸器感染症を防ぐために、うがいを推奨していたものの、子どもたちの間でその有効性は明らかではなかった。
方法:この観察研究では、福岡市にある145か所の保育園に在籍する子どもたちが登録された。暴露群の子どもたちは、少なくとも一日一回うがいをするように指示された。本研究のエンドポイントは、昼間の発熱の発生率及び病気の発生率であった​​。うがい液成分間の違いも分析した。
結果:2~6歳の合計19,595人の子供を20日間観察した(391900人日)。多変量ロジスティック回帰分析では、うがい群の発熱での全体としてのオッズ比(OR)が(OR= 0.68)有意に低かった。年齢層別解析では、オッズ比は、2歳(OR= 0.67)、4歳(OR= 0.46)、および5歳(OR= 0.41)で有意に低かった。病気の有無においては、全体的としてのORは、うがい群で0.92(有意ではない)であった。年齢層別解析では、オッズ比は4歳(OR= 0.68)、5歳(OR= 0.59)、および6歳(OR= 0.63)で有意に低かった。サブグループの解析では、発熱発症でみると有意に低いオッズ比は、緑茶(OR= 0.32)、精製水(OR= 0.46)、水道水(OR= 0.70)でみられた。しかし、病気の有無ではオッズ比は、有意ではなかった。
結論:うがいは子供の発熱性疾患の予防に効果があるかもしれない。

OR= 0.68って、かなり弱い関連性ですね。 偶然、バイアス、交絡などによる偽の関連に注意しなければならないでしょう。

そもそも論文には、ネガティブデータだと発表されないというバイアスが存在します。 この研究では有意差が出たので論文という形で世間に公開されましたが、もしかしたらこの陰には発表されない10,000回のうがいでは効果がない(有意差が出ない)データが存在するのかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2012/01/25 19:24 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(0)

未だに感染症をネタに国民を脅す一部マスコミ 

多剤耐性細菌、デング熱、エイズ、EBウィルス…突然人を襲う「感染症」の正体!(1)
 今春、SARSや鳥インフルエンザなどのウィルス感染が猛威を振るい世界を震撼させた。その記憶がよみがえってきたのが、多剤耐性細菌のアシネトバクターによる院内感染のニュース。帝京大学病院の院内感染が53人、そのうち34人が亡くなっている。東南アジアやフィリピンで猛威をふるっているデング病を含め、感染症とどう戦ったらいいのだろうか。

 ほとんどの抗生剤が効かない多剤耐性の細菌アシネトバクターによる集団感染が日本で広がりはじめた。多剤耐性は欧米やアジアでは1990年代から問題になっていて、日本での拡大も懸念されていた。
 アシネトバクターはどこにでもいる毒性の弱い菌で、健康な人では問題はないが、抵抗力の弱った患者や高齢者に感染すると重症化する恐れがある。
 さらに耐性菌の場合、抗生剤が効きにくいので症状を和らげるような対処療法しかない。今回、院内感染が広がったのは2月ごろから散発的に患者から菌が見つかったものの、一部の抗生剤が効いたため、担当者が報告をしなかったといわれている。
 今回の感染源は未だはっきりしていないが、国外で感染した人が持ち込んだか、院内で発生した可能性のどちらかとの見方がされているという。

 国立感染症研究所の荒川宜親氏は「欧米では使える薬がまったくない“耐性菌”も広まっている。今回の集団感染はスーパー耐性菌の予備軍の大流行だ」と警告している。
 秋の旅行シーズン。近頃、海外からの帰国者に感染症デング熱の感染者が増えている。
 10年前は10人程度だったのが、最近は100人前後に推移。今年も7月15日時点ですでに64人の感染者が出ている。死亡するケースもあるだけに要注意だ。
 流行がみられるのはアジアや中南米、アフリカなどの熱帯・亜熱帯地域。世界では毎年5000万人が発症している。帰国者の感染報告が増加している理由は、世界的に感染地帯が広がっているためとみられる。
 デング熱とはネッタイシマカやヒトスジシマカによって媒介される感染症だ。潜伏期間は4日から7日。発症時は悪寒を伴って急に高熱をだすが、3日ほどで37度くらいまで下がる。2日おいて39度あたりまで再上昇し、2日程で再び急に解熱というM字型の熱型を示すことが多い。

 フィリピンに行ってデング熱にかかったAさんの話によると、現在、フィリピンではデング熱が猛威をふるっている。今年1月から8月までの感染者は6万5千503人。うち死者は465人で前年比約2倍。
 「農園に入った初日、10カ所ほど蚊に刺され5日後に発熱しましました。3日ほど入院しましたが、発熱、下痢、体中の関節痛、筋肉痛で、死にそうな思いをしました。体力がなければヤバかったかもしれません」(Aさん)

 Aさんのような症状の他に、食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともある。発症後より胸部から発疹が出現し、四肢、顔面へと広がる。四肢にかゆみを伴うことが多い。症状は通常3~7日程度で消えて回復、致命率は低い。
 デング熱流行地域に行く人は蚊に刺されないようと、厚生労働省検疫所では注意を呼びかけている。
 「海外では、しっかりと網戸のとりつけてあるホテルやリゾートに滞在すること。長袖、ズボンを着て皮膚の露出を少なくする。屋外に行くときは虫除け剤を露出部につけること」
 ちなみに、デング熱は隔離の対象ではないので入国の際、検査結果が陽性でもすぐに入国は可能。
(2010年8月26日読売新聞より引用・一部改編)

 本文を読むと結構おとなしい文面ですが、タイトルは人を引き付ける必要性があるためか、インパクトのある文字が並んでいます。

昨年の新型インフルエンザ騒動がほとんどマスコミに忘れられているのが残念でなりません。


[ 2010/10/18 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(0)

「最悪の場合」を想定した結果 

【キブンの時代】第2部 危険はどこに(2)新型インフル 行政、病院奔走 「最悪」想定、すぐ沈静化
 人工呼吸器、空調機能付きテントの購入、タミフルの備蓄…。埼玉県がこの1年間で新型インフルエンザ対策にとった施策である。10億円単位の予算が必要になったものもあった。
 「『最悪の場合』という情報や想定に、振り回され過ぎた感がある」。埼玉県疾病対策課長の本多麻夫(47)は、新型インフル対策に奔走したこの1年をそう振り返る。
 ウイルスが弱毒性と分かっても、新型インフルは「最悪の場合、若者以外の世代にも感染が蔓延(まんえん)し、病院では重症患者の対応に支障が出る」という想定で語られた。行政も国民も「最悪の場合」を恐れた。
 「関西への修学旅行を中止すべきか」「自分が感染したらどうしよう」。昨年4、5月、県に寄せられた電話相談からは、医療関係者までに不安感が充満している様子が読み取れた。
 住民が安心した生活を送れるようにするのは行政の役目。県は「最悪の場合」に備え、冒頭のように態勢を整えた。しかし、重症者は多くなく、購入機材もほとんど使われなかった。
 対策が一段落した今、本多は安堵と同時に、多少の引っかかりも感じている。
 「国が『最悪の場合』の情報に加え、『最も可能性が高いケース』の情報も発信してくれれば、行政も住民も、もっと冷静に行動がとれたのではないか」

 一方、病院は“あえて”最悪の場合に備えた。
 東京都港区にある慈恵医大付属病院。国内感染が判明した直後、感染を封じ込めるだけの十分な医療設備を整え、スタッフにも教育を徹底した。同時に力を入れたのが、「どのようにスムーズに診察するか。混乱を起こさないような情報発信をどうするか」といったスタッフ間の打ち合わせだった。
 スタッフが警戒していたのは“世間の空気”だった。感染対策室長の中沢靖(45)は「もし感染者が入院すれば、『あそこの病院には行かない方がいい』という風評被害が起こる可能性がある。病院は世間の空気を読んで動く。それなりの準備態勢を取るべきと思った」と話す。
 大使館やホテルが多く、外国人が多い六本木もある地域。「海外からのウイルスが入りやすく、患者が運ばれる可能性が高い」とみられていた。
 「世間は騒ぎ過ぎだった。でも世間の理解がなくては、公衆衛生上の機能は果たせない」と振り返る中沢。「病院は医療体制を確立した上で、WHO(世界保健機関)などから発せられる世界の空気と世間の空気、院内の空気をすりあわせた行動をとるべきだ」と語る。
 ◇
 「最悪の場合」を前提に不安が充満した世間の空気だが、落ち着き始めるのも早かった。
 厚労省によると、国の相談窓口に寄せられた電話は昨年4月末の1日約1200件がピークで、その後は減少。東京都、埼玉県でも寄せられた相談数は、それぞれ感染者が確認された5月中旬がピークだった。
 昨年秋に学級閉鎖やワクチンに関する相談や受診が増えた時期はあるものの、「パニックのような当初の混乱とは、明らかに質が異なるものだった」(中沢)。本多は「身近で感染が起き、ウイルスが弱毒性であることを実感として認識できて冷静さが生まれたのではないか」とみている。
 一時期の混乱はうそのように、今年になって国に寄せられる相談は1日数十件程度。東京都は3月末で相談窓口を閉鎖した。(敬称略)
(2010年4月5日産経新聞より引用・一部改編)

[ 2010/04/08 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(0)

サラリーマン川柳とインフルエンザ 

今年のサラリーマン川柳の投票締め切りは明日3月12日(金)です!

サラリーマン川柳投票サイト

今年はやはり、新型インフルエンザがらみのネタが多数エントリーされています。
皆さんも投票してみてはいかがでしょうか?

作品NO

雅号

16 閉鎖した 子供は学級 俺会社 リーマン
20 帰宅して チューはされずに シューされる バイキンマン
22 インフルで 会社を休むも 支障無し 名ばかり管理職
26 マスクして 咳して上司 遠ざける 小林一緒
33 咳すれば 視線を感じる バスの中 インフル遠座
35 かかったぜ 新型インフル ぼく若い 還暦
61 ウチだって インフルだけは 新型だ シロップリン
66 新型は 女房くるまで 俺インフル 宇宙人
81 手抜きして マスクの下は ノーメイク 別人28号
95 便利です マスクで隠れる 大あくび 大和撫子


[ 2010/03/11 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(0)

幻の本「新型インフル禍の真犯人 告発! 死の官僚」 

新型インフル本を自主回収 講談社「医学的に不正確」
 講談社は10日までに、厚生労働省の医系技官を“著者”とうたった、新型インフルエンザ関連の新刊書の自主回収を始めた。技官の話をまとめる形で出版したが「事実確認が不十分で、医学的に不正確で誤った表記が多数あったため」としている。

 同書は、現役技官の村重直子氏の話をまとめて7日に出版された「新型インフル禍の真犯人 告発! 死の官僚」。講談社は「編集を急ぐあまりに、書名を含め著者の本意と違う結果になった」としている。すでに購入した人には、2月末までに村重氏が新たに書き下ろす本と無償交換するという。
(2010年1月10日共同通信より引用・一部改編)

 

 amazonでは1月12日時点では表示されていますが、すぐに削除されてしまいそうです。

 1月10日に当ブログのアクセス数が急激に伸びました。その理由は「村重直子」での検索によるものでした。

 どのような内容なのかとても気になります。中古でも手に入れば読みたいものです。 









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。