TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハクサイの浅漬け→有機栽培→O157 

札幌市における腸管出血性大腸菌感染症O157の集団感染事例の感染源特定が難航しています。

原因食材である白菜の浅漬けの原材料である白菜、ニンジン、キュウリがどこで栽培されていたのか、そこで堆肥が使用されているのかが今後のkeyでしょう。

日本では有機栽培は化学肥料を用いない健康に良い農業の方法というイメージが定着しています。

有機栽培→○
化学肥料→×


単純に言えば、こんなイメージです。

しかし、有機栽培→有機肥料→堆肥→フンであり、もちろん牛糞も用いられているでしょう。そして、牛糞には大量の腸管出血性大腸菌が含まれており、野菜に付着する可能性も十分に考えられます。

もし仮に牛糞を堆肥とした有機栽培による野菜が原因で今回のO157集団感染事例が発生し たのなら、なんと言う皮肉でしょうか。

今回の事例の原因が結局不明であったとしても、有機栽培による野菜が原因のO157集団感染のリスクは残存します。

正しい知識に基づいた消費行動って実際には行われていない悪しき教訓です。
スポンサーサイト
[ 2012/08/20 20:17 ] O157 | TB(0) | CM(0)

ハクサイの浅漬けとO157 

北海道の高齢者施設などで腸管出血性大腸菌O157に感染し3人が死亡した問題で、札幌市は平成24年8月14日、市内の食品会社が製造したハクサイの浅漬けが原因と発表しました。

これにより、ハクサイの浅漬けの売り上げがしばらく落ちる事は確実で、風評被害確定でしょう。

しかしながら、ハクサイそのものにO157が付いているわけではなく、あくまで「ハクサイの浅漬け」が原因ということを補足しないといけないでしょう。

「ハクサイの浅漬け」の材料として考えられる素材は、
白菜、塩、赤唐辛子、柚子の皮、ニンニク、昆布といったところです。
O157はこれらに常在していません。

とすると、これら以外の材料(例:イカの塩辛など)にO157が混入していたか、ハクサイを切る包丁やまな板にO157が付着していて感染した可能性があります。

従って、この段階で知りたいのは以下の2つです。
・「ハクサイの浅漬け」の原材料の内訳
・「ハクサイの浅漬け」を加工する場所での他の食材(特に牛肉)の使用の有無
[ 2012/08/14 21:09 ] O157 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。