TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

橋下大阪市長と保健所 

大阪ダブル選において、大阪市及び大阪府共に「維新の会」候補が当選しました。
大阪市及び大阪府の保健所関係者の心配そうな声が伝わってきます。

大阪市はあいりん地区を抱える西成区を筆頭に、全国随一の高い結核罹患率で有名です。
高いという事は下がるのは劇的で、ここ数年結核罹患率の減少率は顕著ですが、西成区だけでみると大阪市は
「結核高まん延地域」でした。

しかし、大阪市は他地域と同様に保健所の統合を進め、人口200万人以上の大阪市に保健所はたった1か所しかありません。
(横浜市は300万人以上で1か所だから、もっとすごいですが…)
政令市保健所が保健所を独自に有することにはメリットとデメリットがありますが、これは感覚ですがメリットは人口100万人程度の市までで、それを超えるときめ細かなサービスに支障が出るためにデメリットが上回る印象を受けます。

一方、大阪府は行政改革の一環で府立病院を含め医師の給与も大幅削減したため、保健所医師が大量離職するという事件がありました。
http://megalodon.jp/2009-0330-0045-20/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-000001
09-yom-soci
基本給が16%もカットされたら、医師は大阪府に縛られることもないですので、退職もやむを得ないでしょう。

大阪市保健所は大阪市立病院と連携し、医師の人材を供給されています。
今後、私立病院の医師の給与が削減されたら、立ち去り型サボタージュが大阪市所属の医師でも起こると思います。
スポンサーサイト
[ 2011/12/03 15:18 ] 医師不足・転職 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。