TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ワクチンと国家検定 

 新型インフルエンザワクチンは、薬事法第43条に基づき、検定を受け、かつ、こ れに合格しなければ、販売、授与をしてはならないものとされています。
薬事法第43条
  厚生労働大臣の指定する医薬品は、
厚生労働大臣の指定する者の検定を受け、
かつ、これに合格したものでなければ、
販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的
で貯蔵し、若しくは陳列してはならない。
ただし、厚生労働省令で別段の定めをしたとき
は、この限りでない。

 新型インフルエンザワクチンについては、以下のような検定基準が定められてい ます。
●沈降新型インフルエンザワクチン(H5N1型)
(中間段階)…標準事務処理期間35日
・力価試験、発熱試験、エンドトキシン試験
(最終段階)…標準事務処理期間35日
・アルミニウム含量試験、蛋白質含量試験、以上毒性否定試験

 今回の薬事法施行規則等の改正により、改正前と比べて35日間出荷までの期間が 短縮されるのです。35日間で救われる命はかなり多いと思われますので、この改正は公衆衛生学的には効果絶大です。

スポンサーサイト
[ 2008/04/24 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/105-1566bff8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。