TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

警察庁に期待する 

 警察庁は2008年4月23日、「新型インフルエンザ対策委員会」(委員長・安藤隆春次長)を設置し、国内で新型インフルエンザが発生した際に予想される混乱状態への対応などの検討に乗り出した。

 今夏をめどに行動計画をまとめ、全国の警察本部に指示する。 (2008年4月24日 読売新聞)
 新型インフルエンザが発生したとき、食料買占めに走る市民の暴動、発熱外来など医療機関へ殺到する市民の整理など、様々な役割が警察には求められています。

 しかし、現場の警察官と話をする機会があるのですが、彼らは、必ずこう言います。
「我々は、上部組織からの指示があれば、それを着実に遂行する。(逆に言えば、指示がなければ独断では勝手に動くことはできない)」

 自衛隊や警察組織は、強固なピラミッド式の組織を形成して、良くも悪くも完全なる縦社会を形成しています。従って、警察庁の新型インフルエンザ対策委員会において、具体的かつ現場の警察官が何をしたらいいかわかる結論を出して欲しいと願います。
スポンサーサイト
[ 2008/05/02 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/109-6b05a492










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。