TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大日康史氏の感染症拡大シミュレーション 

 高病原性鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)について国立感染症研究所は2008年2月28日までに、沖縄本島南部で1人目の感染者が発生した場合、11日目には3218人に感染し、高熱などの有症者は2759人に上ると想定していることが分かった。感染者発生後に爆発的な勢いで広がるため、自治体や保健所、医療機関での入念な対策が急務となっている。2008年2月27日に那覇市医師会館で開かれた新型インフルエンザについての講演会で同研究所の大日康史主任研究官が明らかにした。

 大日研究官は新型インフルエンザ感染者の約半数が3―6日の間に発症することを踏まえ、県内で人口が集中する本島中南部の感染拡大の想定を発表。感染者数は1人目の発見から3日目で8人に増えるが、その時点で有症者は最初の1人だけで、1週間後には感染者492人、有症者168人に拡大。11日目には感染者3218人、有症者2759人に上ると説明した。

 その上で感染者が出た場合、拡大防止には「外出自粛が非常に効果的」と強調した。
(2008年2月29日 琉球新報より引用・一部改編)

 大日康史氏は国立感染症研究所に所属し、国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官ですが、東京工業大学創発システム講座 マルチエージエントシステム分野(連携大学院講座)連携教授という肩書を有しており、マクロ経済学の専門家です。以下のように、経済学の著書を数多く手がけています。





 数理モデルで新型インフルエンザ感染症の拡大シミュレーションは、国内では大日康史氏以外に研究するものがほとんどいないため、彼の独壇場となっています。その弊害として、彼の感染症拡大シミュレーションは、単なるモデルであるのに、彼の研究があたかも現実のようにマスコミに取り上げられ、たびたび取り上げられていることが挙げられます。

 彼の感染症の拡大シミュレーションは、どんな感染症の感染経路を前提にして行っているかを医学関係者が聞いたら度肝を抜かすと思います。彼の名誉のために今は控えておきますので、本人に聞く機会があったら是非聞くことをお勧めいたします。

東京工業大学の出口教授、大阪府立大学の田畑教授、ユトレヒト大学の西浦先生(元長崎大学熱帯医学研究所)も感染症の拡大シミュレーションを研究していると指摘をいただきました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2009/01/06 00:00 ] 木村盛世等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/11-b5d1c5eb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。