TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

茨城県社会福祉施設用マニュアル 

 県内で四つの社会福祉施設を運営する県社会福祉事業団(水戸市杉崎町)は、多数の死者を出す恐れがある新型インフルエンザに備えた対応マニュアルを策定した。県によると、県内の医療・福祉施設で新型インフルエンザに特化したマニュアルを定めたのは初めて。

 感染拡大前の情報入手体制経路などを明記した基本編と、具体的行動計画を定めた実践編の2種類。実践編では、備蓄すべき医療機器などの数量や、施設内の感染者を別の医療機関に転送するまでの間、一時的に患者を隔離する部屋番号などが規定された。

 同事業団は「同様のマニュアルを検討する他の施設も活用してほしい」としており、来月初旬にもホームページhttp://business2.plala.or.jp/fukusi-j/で公開する。県は新型インフルエンザが大流行した場合、県内の死者数は最大で4000人に上ると推定している。【八田浩輔】 (毎日新聞2008年4月24日茨城版より引用)
 2008年4月30日現在では、まだホームページにマニュアルは公表されていません。公表されたらチェックしてみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2008/05/01 00:00 ] 使えるマニュアル・HP | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/111-21614fc5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。