TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフルエンザHAワクチンができるまで 

 化血研のインフルエンザHAワクチンができるまでというホームページには、図入りでワクチン製造過程が説明してあり、非常に参考になります。

 プレパンデミックワクチンの備蓄量とか、何人分だとかが報道されていますが、ここに示されているような厳重な製造過程を経てワクチンが生産されるということを理解してから議論して欲しいと思います。

 インフルエンザHAワクチンができるまでの概要に示されている、国家検定は、副作用をできるだけ少なくするべく、行われています。皆さんの身の周りにはなかなかいないと思いますが、10万人1人といった確率で、後遺症を含む重い副作用をワクチン接種のために負ってしまう方がいます。本ブログのワクチンと国家検定に記したように、(最終段階)…のアルミニウム含量試験、蛋白質含量試験、異常毒性否定試験を省略できるので、出荷までの期間が35日間短縮されます。

 企業のホームページなので、ワクチン製造過程の図をこのブログに引用することは著作権の関係でできませんが、とてもわかりやすいので是非参考に見てみてください。

スポンサーサイト
[ 2008/05/09 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/117-27e6a921










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。