TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

現代版ノアの箱舟 

注射  OhmyNews(オーマイニュース)の1000万人へのワクチン接種──現代版「ノアの箱舟」という記事が目に着きました。

 収容人数に限りのあるノアの箱舟と、新型インフルエンザプレパンデミックワクチン接種を比較し、ノアの箱舟に乗ることのできる動物たちの選抜は神の裁量によっていたが、新型インフルエンザプレパンデミックワクチン接種を打つことのできる人たちは「ヒト(行政)」が決めるので、その責任は重いとといています。さらに、優先順位が高い職種に公務員が含まれている点に触れ、 「ただ、その際には後期高齢者医療保険、国民年金や血液製剤、薬害肝炎などで国民の生命や生活を軽んじてきた厚労省、道路財源の荒唐無稽(むけい)な無駄遣いが発覚した国交省やその公益法人。さらには、冤罪(えんざい)事件や捜査費問題などで国民から信頼が揺らいでいる警察関係、イージス艦衝突事故などに象徴される、組織的な不祥事が目立つ防衛省……。本来、優先してリストアップされるべき行政機関の職員が機械的にそのリストに載ることに対して、国民として少なからず抵抗があるといったら、不謹慎だろうか。」とまとめています。

 このような議論があるのは当然のことであり、不謹慎ではないと思います。ただ、プレパンデミックワクチンの数は3000万人分と限られているので、その線引きに対して100%の人が納得できる方法はないことだけは知っていただきたいです。

 例えば、医師も日々感染症の診察に従事している専門医から、毎日テレビのバラエティ番組に出演している女医まで、様々な方々がおりますが、そこに線を引くことは不可能なので、恐らくそのバラエティ番組に出演している女医は、第一優先順位でプレパンデミックワクチンを接種できるという判断になると思います。法的には医師免許を有する彼女でないと、患者を診察して、重症度を判断し、治療を行うことはできないからです。その事実に理不尽さを感じる方もいるでしょうが、それが法的な判断というものです。

スポンサーサイト
[ 2008/05/30 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

ワクチン禍

ワクチン禍をいろいろ取り上げる市民新聞がなぜまた新型インフルエンザウイルスのワクチンだけ欲しがるのでしょう。健康に対する妬みや荒みで治安対策が必要だという新型インフルエンザ対策の一部が透けて見えるようです。
季節性インフルエンザウイルスでさえ型の違いで効果に差が出るから無駄だ、予防原則から使ってはならんと http://www.kangaeroo.net/ 言う人たちもいるのに、さて実際新型インフルエンザがどのような抗原型か?も判らないで作る、プレパンデミックワクチンの政策的な目標達成評価尺度がどれ程かをも報じて欲しいものです。
有精卵が死なずに抗原が得られるという程度で、有害事象の検定を行い、有効性は最後ではなかったでしょうか? http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/03/s0326-15.html このように補償は四半期ごとに行われていますが、既存のワクチンは安全側に軸足を置いてもリスクベネフィットから許容するといいながらも補償の対象者は出る。経団連のこの前の提言と良い今回の記事といい、ベネフィットもリスクも測れていないのに「妬み」「疎み」だけで論じる風潮は怪しからんと思います。
[ 2008/05/30 06:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/122-1228bbfd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。