TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳥取県が新型インフルエンザマニュアルを策定  

 鳥取県は2008年5月16日に、新型インフルエンザの対応マニュアルを策定しました。「保健医療」「社会対応」の二種類に分けて医療機関の受け入れ、情報提供体制などを取りまとめたそうで、当面、県民への感染予防の意識啓発に力点を置くらしいです。力点を置いているのに、鳥取県のインフルエンザ対策のホームページは2008年5月20日現在、2007年12月19日が最終更新で、半年以上も更新されていません。

 普及啓発で、特記すべきことは特になく、封じ込め対策として、感染症指定医療機関の県立中央、厚生、境港済生会病院を含め医療機関も含め県内で隔離可能な計三十床を確保しました。これはあくまで封じ込め対策であり、パンデミック対策ではないのですが、出席者はその違いを理解していたのでしょうか。

 道路整備が行き届いておらず、人と人との接触が非常に限定的な地域であればあるほど、新型インフルエンザ対策はより強固になるので、そういう意味では鳥取県は新型インフルエンザ発生時には罹患率、死亡率が大都市圏に比べ低くなることが想定できるのですが、そういう議論はさすがに出来ないのでしょうね。

 最後に、本年度中に実動訓練を予定しているようですが、今頃封じ込め対策訓練を想定しているのであれば、やめたほうがよいと思います。鳥取県へのお願いです。パンデミック対策訓練をしてください。
スポンサーサイト
[ 2008/05/19 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(1)

発熱外来の重要性です

こんばんは

日赤関係者からおもしろいHPがあると聞かされて拝見しました。まさにそのとおり。
最初に患者が受診するのは民間医療機関のQQ外来ですよね? 以前新宿でテロ対応訓練がありましたがその日のうちに埼玉:千葉:神奈川に拡散しましたよ。
時々拝見します。

備えよ常に
つけめんだいおう
[ 2008/05/19 00:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/126-7b11b582










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。