TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

抜き打ち演習はできないものか 

WHO、抜き打ち演習 「未知の感染症が発生」想定

 タイとベトナムで未知の感染症が発生した――。こんな事態を想定した抜き打ちの予行演習を2008年6月11日、世界保健機関(WHO)が実施した。新型インフルエンザの大流行への懸念が広がるなか、演習は世界各国に張り巡らせた感染症対策ネットワークを駆使し、早朝から深夜まで続いた。

 今回想定したのは重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)のような未知の感染症。タイとベトナムで患者が見つかり、カナダでも旅行者が症状を訴えた――という設定だ。(ジュネーブ=市村孝二巳)(NIKKEI NET 2008年6月12日記事より引用・改変)
 日本でも、様々な新型インフルエンザ対策訓練が行われていますが、ほとんど全てがシナリオを描いて、その通りに進むかどうかを検証する訓練となっています。各自治体は一歩踏み出して、抜き打ち訓練・演習をする時期に来ているのではないかとも思います。(まだ早いとは思いますが)


スポンサーサイト
[ 2008/06/19 00:00 ] 訓練フェーズ5B・6B | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/149-a61bdf55










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。