TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医療従事者に対する補償制度の創設 

 すでに閲覧できませんが、東京新聞、中日新聞が関東の保健所設置自治体などにアンケートをしていました。

その中で、
 「医療従事者に対する補償制度の創設」は国への要望で最も高い(78%)ですが 、これは実現不可能でしょう。

 なぜなら、新型インフルエンザに限らず、医療従事者はあらゆる医療においてリスクを背負っており、それに対しては現在も民間の保険によってカバー(例;災害保険、医療事故に対する保険、休業補償に対する保険) されています。それなのに、新型インフルエンザという単なる1つの疾患だけに対して補償制度を創設するというのは、ありえないことです。

 気持ち的にはよくわかるのですが、現在民間の保険が存在し、一部の医療従事者は高い保険金をそれに対して投資している以上、その保険に各個人が加入するということが最初に求められるはずですし、PPE+予防内服(+プレパンデミックワクチン)をしっかりすれば感染は予防できるという原則から、お金の問題は個人で解決しろということになりそうです。

 調べてみた限り、日立キャピタル損害保険代理店の株式会社ファーストプレイスがドクター長期収入補償保険を販売しています。そのQ&Aの一部を抜粋します。

Q11 どういう場合に保険金が支払われるの?
A 「病気」「ケガ」が原因で、医師または歯科医師としての業務が続けられない状態が、免責期間を超えて継続した場合に保険金をお支払いします。その状態の判断については、先生のかかりつけの担当医の診断書および日立キャピタル損害保険(旧ユナムジャパン傷害保険)の支払査定担当部の判断により決定します。

Q16 病院で働いている者(技師・看護師・事務員等)は加入できるの?
A いいえ、医師・歯科医師の医療資格者を除き、このドクター長期収入補償保険にはご加入いただけません。ただし、契約内容(保険金・就業障害定義・保険種類等)がドクター長期収入補償保険とは異なりますが、長期就業不能所得補償保険(PLTD)という商品にはご加入いただけます。


 以下に他の医師向け収入補償保険を販売している企業のホームページを列挙してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ドクター長期収入補償保険
日立キャピタル損害保険代理店
株式会社ファーストプレイス


医師所得保障.com
医師・歯科医師の所得保障リンク集
所得保障保険金
東京海上日動火災保険株式会社代理店
株式会社キャリアブレイン


民間医局
東京海上日動火災保険株式会社代理店
株式会社メディカル・プリンシプル社


 発熱外来に駆り出される場合は、医師会を通じての依頼となることが想定されており、それが公務なのであれば、公務災害として認定される可能性は否定できませんが、ヒトがある疾患に罹患した場合に、その因果関係を立証するという作業は、原爆症の認定などをみても分かるように、とても困難で、例えばA医師が新型インフルエンザに「業務上」罹患したのか、それとも「一般生活において」罹患したのかを明確に区別する方法がない以上、やはり「医療従事者に対する補償制度の創設」は困難ではないでしょうか。

 これには色々な意見があるかと思いますが、個人的には「金」の問題は後ででもどうにでもなるが、「命」の問題はどうにもならないので、「命」優先で計画することが大切なのではないかと思います。

 なお、参考までに他のアンケート結果についてメモしておきます。

「感染防護具の備蓄などへの財政支援」(73%)
これは国及び都道府県、市町村が財政支援すべき事項でしょう。国だけに頼むことは過剰な期待です。

「(鳥から人に感染したウイルスを基に製造される備蓄用の)プレパンデミック(流行前)ワクチンを全国民分用意」(49%)

これは国のみが財政支援すべき事項でしょう。

とにかく、一番要望が高いのは「命」を救うための術ではなく、「金」にまつわる問題というのが、悲しい現実なのです。今の日本はそういう国になってしまっています。
スポンサーサイト
[ 2008/07/07 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(1)

保険

使えるのは労災ぐらいでしょうか。あまり出ませんが。
[ 2008/07/08 09:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/157-b8ebc18e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。