TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年6月30日厚生労働省内講堂で参集訓練 

新型インフルエンザ発生時省内初動体制参集訓練に参加した職員を激励する舛添厚生労働大臣 20080630masuzoe.jpeg

 6月30日、新型インフルエンザ発生時省内初動体制参集訓練が実施され、300名を超える職員が厚生労働省内の講堂に参集しました。

 新型インフルエンザ対策は通常健康局が所管するところですが、国外または国内で発生した時には、膨大な事務量が発生することが予想されるため、全省体制で臨む体制を整備しました。この日は、舛添大臣(対策本部長)による訓示、西山健康局長(対策本部幹事長)による新型インフルエンザについての概況説明、安達審議官(対策本部事務局長)による組織説明が行われました。「省全体をあげて新型インフルエンザに取り組む決意表明である。」という大臣の言葉に、職員一同、引き締まった面持ちでした。(健康局結核感染症課) 以前日経と産経で、同じ事実に対する報道方法の違いがあるhttp://newinfluenza.blog62.fc2.com/blog-entry-152.htmlと書きましたが、その訓練は厚生労働省ホームページでも公開されていました。

スポンサーサイト
[ 2008/07/08 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/163-78f0df90










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。