TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

銚子市立総合病院が休止を発表 

 393床もの病床を有する銚子市立総合病院が休止を発表(http://www.city.choshi.chiba.jp/hospital/)しました。393床もの大病院が平成20年9月末で突然銚子市から消滅するという事実は衝撃的であり、医師不足の深刻さをうかがわせます。393床の内訳は、一般200床、医療療養型23床、精神150床、結核20床であり、感染症病棟こそないものの、千葉県では結核病棟をパンデミック期以降の患者入院先として期待していたと考えられます。

 以下、銚子市立総合病院のトップである銚子市長からのコメントです。
子どもからお年寄りまで、市民の皆様一人ひとりが、健やかに安心して生活するために、地域医療の充実が必要なことは誰もが願うことであります。

市立総合病院は、こうした「市民の命と健康を守る」地域の病院としての大きな役割を担ってまいりましたが、平成20年9月末日をもって一旦休止することにいたしました。

私としては、市立総合病院を公設公営で存続させるべく、医師を確保し続けるための引き揚げ防止や派遣の要請など、関係機関に対しあらゆる手を尽くしてまいりました。

そのなかで、公設公営を含めた市立総合病院の方向性について、知事と会談し、その後、県・市・コンサルタントの3者で協議を進めてまいりました。

この結果、

関連大学などからの医師派遣が極めて困難であること

②今後の診療体制のなかで、外科医1名、内科医も1名になることなど、医師の減少によって入院の受け入れや救急対応が困難となり、収入が大幅に落ち込むこと

③更に医師の退職が想定され、現行の診療体制が維持できないこと

④大幅な経営改善を行っても多額の追加支援が必要となり、市の財政状況では支援が困難であること

⑤年度途中に到来する資金不足に、県の財政支援が受けられないこと

などから公設公営での存続はできないと判断いたしました。

開設者として、市民の皆様をはじめ市立総合病院に関係するすべての皆様に深くお詫び申し上げます。私としても、この苦渋の決断につきましては断腸の思いであります。

今後は、患者の皆様の転院に全力をあげて取り組むとともに、病院の再開につきましても、公設民営または民間譲渡により、なるべく早い時期に対応したいと考えておりますし、市立総合病院の医療従事者のなかには、地域医療に対する使命感と高いモチベーションを持つ多くのスタッフがおりますので、それらのスタッフを、地域医療を支える財産として活かしていきたいと考えております。

また、本市の救急医療につきましては、県の支援を得ながら市医師会との十分な協議を進め、近隣病院への協力もお願いするなど、市民の皆様が安心できる体制整備に奔走していく覚悟であります。

市民の皆様や関係各位のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


 平成20年7月7日
                    銚子市長  岡野 俊昭 
 現代の医師不足、病院離れは、医療崩壊に突き進んでいることは必至です。そんな状況で、正直言って、新型インフルエンザパンデミック期に医療体制を確保するなんて無理です。何もない今でさえ、中堅都市の銚子市の中核病院が消滅してしまっているんですから。

 以下に銚子市立総合病院に医師を派遣していた大学病院のホームページを列挙してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
千葉大学医学部附属病院
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉県唯一の大学病院


日本大学医学部〔医局・教室紹介〕
東京都板橋区大谷口上町30-1
千葉県には印旛日本医大病院あり


 現場の医師は病院を離れ、転職し、新たな条件のよい就職先を見つけなければなりません。医師しか患者を救うことは出来ませんが、医療には時間もお金もかかります。事務屋が机上の空論と、帳簿上の帳尻あわせで考えるような甘いものではありません。もう、医療崩壊は誰に求められません。実は、新型インフルエンザパンデミック前に医療崩壊は起こっており、医療を受けられない難民がこの日本で発生してしまうのです。
スポンサーサイト
[ 2008/07/11 00:00 ] 医師不足・転職 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/168-ec4f9d48










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。