TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沈降新型インフルエンザワクチン(H5N1株)検定なしで販売OKに 

 検定制度は薬事法第43条第1項に基底されているもので、厚生労働大臣が指定した医薬品について、国の試験検査に合格しなければ販売できない制度です。
国家検定の対象となる医薬品は、国の検査が義務付けられ、ワクチン、血液製剤検定に合格した医薬品には、製品の容器ごとに「国家検定合格証紙」が貼られます。

 2008年7月10日より、厚生労働省令・告示によって、特例として沈降新型インフルエンザワクチン(H5N1株)が、場合により検定なしに販売できるようにされた。
<追加条文>
薬事法第203条第3項 (検定の特例)
 前二項のほか、国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある感染性の疾病のまん延その他の健康被害の拡大を防止するため使用される医薬品又は医療機器であつて厚生労働大臣が指定するものについては、緊急に使用される必要があるため、法第43条第1項又は第2項の規定による検定を受けるいとまがない場合として厚生労働大臣が定める場合に限り、法第43条第1項本文又は第2項本文の規定にかかわらず、販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列することができる。

厚生労働省告示第374号
 沈降新型インフルエンザワクチン(H5N1株)
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第7項に規定する新型インフルエンザ等感染症の発生が確認され、直ちに、ワクチンの製造を行う必要が生じた場合。
スポンサーサイト
[ 2008/07/18 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/172-2aa9628c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。