TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CDCからパンデミックワクチンのガイドライン発行 

CDCからパンデミックワクチンのガイドラインが出ました。

The US released "Guidance on Allocating and Targeting Pandemic Influenza Vaccine" today.
The document can be viewed at the following link:
http://www.pandemicflu.gov/vaccine/allocationguidance.pdf
In addition, the press release that accompanies this document is on the HHS home page (http://www.hhs.gov/).

米国における全人口3億人分のワクチン接種基準
優先順位 分類

具体例

最優先層
(2400万人)

重大な業務遂行者

ハイリスク市民

パンデミック対策動員軍隊兵士、最前線勤務の保健医療者、消防士、警官他

妊婦、乳幼児

第二優先層
(1500万人)

重大な業務遂行者

ハイリスク市民

軍兵士、国境警備隊、諜報機関、薬剤師、国家安全に関与する関係者、埋葬業者、他

保育者、慢性疾患保有小児(ハイリスク小児)

第三層
(6400万人)

重大な業務遂行者

ハイリスク市民

義務的業務が課せられている上記以外の遂行者、保健医療従事者、行政機関勤務者

健康小児

第四層
(7400万人)

ハイリスク市民

慢性疾患保有成人&高齢者(ハイリスク成人)

残りの層
(1億2300万人)

このようなガイダンスを発行するに当たり、
  「このガイダンスは民主的な審議をふまえまとめられたものである」 と保健福祉省のマイク・レービット長官が声明文で語っており、 「当文書は十分に責任分担と意志決定が反映されたものである」 とあるのがさすがに国民的議論が日本の2~3年先を進んでいるアメリカだなと感じました。

 日本で、第三層の行政機関勤務者(公務員)が含まれていれば、「なんで社会保険庁の職員が優先的に接種できるんだ!!!」という議論が巻き起こること必至なので、まさに、日本でも民主的な審議・議論が行われなければなりません。

スポンサーサイト
[ 2008/07/28 00:00 ] 使えるマニュアル・HP | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/178-c078de77










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。