TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第8回新型インフルエンザ専門家会議資料 

第8回新型インフルエンザ専門家会議


http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/07/s0730-13.html
日時:平成20年7月30日(水)
10:00~12:00
場所:KKRホテル東京
11階孔雀の間

議  事  次  第
1.各部門からの報告
(1)公衆衛生対策部門
1)新型インフルエンザ対策における基本戦略の策定について
2)早期対応戦略ガイドラインについて
3)事業者・職場における対策について
4)感染防護具の使用の考え方について※
※ 公衆衛生対策部門及び医療部門より報告

(2)ワクチン及び抗ウイルス薬部門
1)プレパンデミックワクチンの製造に用いるウイルス株について
2)プレパンデミックワクチンにおける臨床研究について

(3)医療部門
1)都道府県等におけるパンデミックに備えた医療体制整備について
2)新型インフルエンザ患者の治療における人工呼吸器確保の考え方について

(4)サーベイランス部門
新型インフルエンザ対策におけるサーベイランスシステムの抽出された課題について

(5)情報提供・共有部門
  2.与党鳥由来新型インフルエンザに関するPTの提言について

 これって、専門家会議の委員が誰であるかがとても重要だと思うのですが、ホームページには公開されていないようです。何故それは掲載されないのでしょうか。
 専門家会議は誰が委員であるかでその方向性はある程度決定しています。身近な例では猪瀬直樹氏の過激な発言で物議をかもし出した道路公団民営化委員会が挙げられます。

 今回の会議のメンバーが誰か、調べてみて分かりましたら後日アップしたいと思います。



スポンサーサイト
[ 2008/08/04 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(1)

専門家会議メンバー

専門家会議のメンバーをお探しのようでしたので、ご連絡いたします。
私は、とある社会機能維持関係の企業の、リスクマネージメントグループで、地震BCPやAIBCPの担当をしているものです。
厚生労働省のHPから、お知らせの中にある審議会・研究会等に入ります。次に、○上記以外の検討会・研究会等をクリック。開いたページの中に各局の会合名が書いてある表がありますので、まず健康局のところまで表を下に下げて行きます。よくもまあ、こんなに会議があるものかとあきれているころやっと健康局が出てきます。その中から「新型インフル専門家会議」の第1回資料をクリック。その中の「資料1」新型インフルエンザ対策専門家会議設置要綱をクリックすると2ページから、メンバーリストが出てきます。実施回毎の議事録もついでに見ますと、専門化メンバーの出席状況もわかります。無断欠席とかもいて・・・・本来ならば、管理者様へメールでお送りするのですが、あて先がわかりませんので、コメント欄に書きこまさせていただきました。今後も貴ブログを貴重な情報源の一つとして毎日読ませていただきます。更新も大変でしょうが、期待しております。
[ 2008/08/04 11:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/183-44284830










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。