TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザで青森県が初の全庁レベル訓練 

新型インフルエンザで青森県が初の全庁レベル訓練

県は29日、全庁レベルで初めて新型インフルエンザ対応訓練を行った。県内のり患状況の把握・周知や医療的対処に加え、物資流通など社会機能への影響も含めた形で課題や対策を探った。

 訓練には三村申吾知事をはじめ県職員約100人が参加。20××年5月29日午前9時、むつ保健所管内の男性会社員(43)が県内で初めて新型インフルエンザをり患した疑いがあることを確認。6月19日までに外来患者9602人、入院患者255人、死亡者66人を確認したとの想定で行った。

 県は同日以降、6月19日までに庁内対策本部を3回開き、患者の発生状況などに応じて順次、流行警戒宣言、緊急事態宣言を出した。
 各部署は患者の発生状況、生活必需品の買いだめにより品不足が生じていることなどを報告。中核的な病院での新型インフルエンザ外来設置、公的医療への患者収容要請、備蓄タミフルの市場放出、食糧確保など対策を確認した。

 訓練には難波吉雄・厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室長が参加して講評、(1)県民が知りたい情報が何かを分析すること(2)県庁や病院などは、緊急時にも各事業を継続できるよう「事業継続計画」(BCP)の作成を検討すべき―と指摘した。また、庁内関係部署の職員を集めた図上演習も行った。

 県は今回の訓練を踏まえて課題を分析し、既存の関連計画の修正などを検討する。
(2008年7月30日陸奥新報より引用・改変)
 難波吉雄・厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室長は、2006年から2008年3月まで青森県健康福祉部長(厚生労働省の出向ポスト)でした。方自治体が中央官庁から高い給料を払って(難波吉雄室長は厚生労働省では課長級ですが、青森県では1ランク上の部長!)プライドの高い官僚を招く理由は、中央と地方の人的な強いパイプを築くためという面がとても大きいのです。

 全然中央とコネもない地域が、厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室長を招くことなんてなかなか出来ません。さて、青森県は今後どうするのでしょうか?
 青森県のホームページを見てみましたが、今回の訓練についての記事や、新型インフルエンザ対策のページをトップページから見つけることは出来ませんでした。まあ、現実はこんなものでしょう。


スポンサーサイト
[ 2008/08/05 00:00 ] 訓練フェーズ4B | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/184-ba0d7ad6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。