TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外岡立人先生の地元 市立小樽病院のお寒い状況(2) 

 外岡立人先生が、かつて所属していた小樽市が経営する、市立小樽病院は2004年以降も患者数が減少しているようです。、

 この理由について、地元の小樽ジャーナルが2007年8月2日に特集記事を組んでいました。
http://webotaru.jp/2007/08/post_1754.php

減少止まらぬ患者数!小樽市立2病院
 市立小樽病院と第二病院の患者数が激減している。4月から6月の第1四半期で、2病院の入院・外来合わせて10,376人(前年比)もの患者が激減し、上向きになる傾向は見られない。

 市立小樽病院事務局は、今年度4月・5月・6月の病院事業入院収益・外来収益の一覧表を、7月下旬に本社に明らかにした。これによると、両院合計で、入院患者数は前年比6,453人(15.6%減)、外来患者数は3,923人(7.0%減)と、相変らず患者数の落ち込みがひどい状況が明らかになっている。

 しかし、収益面では、入院患者7人に対して看護師1人を配置する「7対1」看護体制(小樽病院で昨年10月から・第二病院で昨年6月から)をとり、入院患者一人の単価が12,680円から15,550円に2,860円アップしたため、四半期の収益は、昨年度より約1億2,000万円(9.5%増)のプラスとなっている。

 小樽病院事業では、44億円の累積赤字を抱え、2007(平成19)年度から2011(平成23)年度までの5ヵ年で、この赤字を解消する収支計画を実行中だ。しかし、患者数の減少もあり、このまま推移すれば、年間収支計画に大きな影響を及ぼすことになる。

 今年度(平成19年度)は、入院・外来収益で89億1,500万円の医業収益を出すことにしている。しかし、今回明らかになった四半期の収益では、小樽病院12億5,239万円、第二病院8億3,785万円の計20億9,024万円(昨年度19億6,921万円)となり、年間換算では約83億6,096万円になる計算で、収支計画よりも約5億5,404万円不足することになる。

 小樽病院の事務局では、「7対1看護で単価が上がっても、入院者数が減少しているので、計画通りには出来ていない。四半期だけでみると93.8%しか達成出来ていないが、44億円の不良債務分をきちんと解消する見込みが立てば、今年度の医療機器更新の起債許可が下りる。単純に3ヶ月だけでは分からない。これから独自の経営努力をしていく」 としている。6月からは、経営改善部会(信野佑一郎部会長)が開かれ、各部・各職員から経営改善の対策案313件を提出させて検討し、すぐに取り組めるものについては実施していくことにしている。

 しかし、赤字解消計画初年度のわずか四半期(3ヶ月)でも、計画の93.8%しか達成出来ていないことは、今後の収支計画遂行の前に、大きな落とし穴が立ちはだかることになった。

 患者数の減少が止まらず、病院事業の収益が改善されないことで、今年度予定しているガンマカメラやX線テレビ、CTなどの医療機器の更新にかかる2億9,700万円の起債協議も、道に先延ばしにされている。

 山田勝麿市長は、市立小樽病院と市立小樽第二病院を統合し、築港地区に156億円の巨費をかけて新築する計画を推し進めているが、現在の病院事業の累積赤字の解消が覚束無い(おぼつかない)状態では、国の起債許可はとれないことになる。

 また、国(総務省)は、現在、自治体病院の破綻を回避すべく、「公立病院改革懇談会」(長隆座長)を設置し、経営改革の基本となるガイドラインを作成中だ。小樽市の1,273億円の巨額借金、一般会計約12億円や病院会計44億円の累積赤字を抱えた瀕死の財政状況では、新病院建設の起債許可が認められる公算はまったくない。

 この中で、市長は、8月11日(土)から、新病院建設のための市民説明会を6回に分けて実施することにしている。国の起債許可がとれず、建設出来るかどうかが分からない新病院の基本設計を3月に発注し、市民説明会を開催する感覚は、すでに“裸の王様”状態になっている。

 今年度、市の病院事業の収支計画の動向にさらに注目する必要がある。


 「裸の王様」という表現は、マスコミ的な大げさな言い回しですが、市の中でこのような大きな問題に直面しているのであれば、外岡立人先生がどんなにパンデミックの危険性について説いて回っても、もはや小樽市幹部にその重要性を十分理解しようとする心の余裕がもはやなかったのかもしれません。

 
スポンサーサイト
[ 2008/09/02 00:00 ] 医師不足・転職 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/191-c6aeac4c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。