TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフル対応、四日市病院で実地訓練 

 新型インフルエンザを診察する実地訓練が29日、四日市市芝田の市立四日市病院であった。県健康福祉部が、医師や看護師らに、感染しない診察方法を身につけてもらおうと2006年から、患者を収容するための隔離病床がある病院を対象に行っている。

 県内の病院、保健所、消防本部などから約80人が参加し、県内で疑わしい患者が出たとの想定で行われた。まず、医療機材販売会社の社員から、個人防護服やマスクの着用方法について指導を受け、汚染が拡散しないように裏返しに脱ぐ方法を体験した。

 新型インフルエンザの可能性が高いと診断された患者を、カプセル形のストレッチャーで隔離病床に送る訓練も公開され、参加者たちは熱心に見学していた。

 同病院感染症対策委員長の池田拓也医師(51)は「新型インフルエンザは必ず発生する。早い段階で封じ込める対策が重要で、訓練を積み重ねることが大切だ」と話していた。
(2008年3月1日 読売新聞)

同病院感染症対策委員長の池田拓也医師(51)は「新型インフルエンザは必ず発生する。早い段階で封じ込める対策が重要で、訓練を積み重ねることが大切だ」 そりゃ、大切だけど早い段階で封じ込めることができないのが新型インフルエンザなんですよ…

スポンサーサイト
[ 2008/03/01 22:59 ] 訓練フェーズ4B | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/20-bdd16a52










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。