TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

裕福地方自治体の浦安市が新型インフルエンザ対策感染防止機材を独自調達 

 千葉県浦安市(松崎秀樹市長・人口約16万人)は2008年8月25日、新型インフルエンザに対する部局横断の「タスクフォース」(プロジェクトチーム)を編成し、消防や介護施設などで使う感染防止機器などの購入など独自の対策を進めると発表しました。

 浦安市は東京ディズニーリゾートを抱えているため、非常に財政状態が裕福な自治体です。2002年から、東京ディズニーランドのショーベースで成人式を開催していることは有名です。こんな贅沢な成人式は裕福な自治体でないと絶対にできません。

 国内外の観光客の出入りが多く、「日本で最初の発生地となる可能性もある」として独自策を検討し、7月に危機管理監を中心とした数人のタスクフォースを編成し、応急対処計画を策定しました。

 計画では大流行した場合、市の人口約16万人のうち罹患者数は4万人と算定。そのうち2%に当たる800人が死亡すると推計しています。

 対策として、今年度当初予算に310万円を計上し、救急隊員や医療従事者の安全確保のために、国推奨のマスク3万5000枚、手袋5万枚、ガウン1000枚などを既に購入しました。

 さらに補正予算1631万円で、介護施設向けのマスク10万枚、救急隊員用の感染防止セット2560組の購入を予定。市民への啓発パンフレットの配布準備なども進めています。

 格差社会はこんなところにも如実に表れています。

 
スポンサーサイト
[ 2008/08/29 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/210-168ba06a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。