TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小学館「スペリオール」で感染列島の連載スタート 

 小学館の「スペリオール」(第2・4金曜日に発行)という漫画雑誌の 2008年9/26号(9/12発売、19号)から 「感染列島」(柿崎正澄 原作/映画『感染列島』製作委員会)の連載が始まっています。 (takaさん、いつも情報提供ありがとうございます)

http://bc-superior.net/thisweek/index.html

 すでに、映画版の感染列島は撮影が終了しており、2009年1月17日(土)のロードショーを待つばかりとなっています。映画公開に向けてのタイアップ企画スタートということです。

 で、早速買って読んでみました…。

 絶句です。

 「新型インフルエンザ」という単語が利用されていました。未知の感染症は、「新型インフルエンザ」を想定して、物語は進んでいくことになります。

 絶句した理由のいくつかを列挙します。また、それに対する感想も書いてみます。

 「新型インフルエンザ」患者が喀血(吐血)している。しかも50cmから1m程、酸素マスクを吹き飛ばして重力に逆らって喀血するという元気のよさ。
 →喀血という症状は、「この人は重症なんですよ」というシンボルとしてとてもわかりやすいため採用されたんだろう。

 「新型インフルエンザ」を疑った医師が保健所にただちに届け出を出していない。いきなり感染症法第十二条違反。
 →感染症法第十二条違反により感染症法第七十七条に定められる五十万円以下の罰金刑が今後この医師に与えられるというストーリーだったりして。

 その「新型インフルエンザ」を疑った医師は、「新型インフルエンザ」を疑っているにもかかわらず、インフルエンザ簡易キットを2日連続で行っている。
 →「新型インフルエンザ」を疑っているなら、保健所に連絡をすれば、地方衛生研究所、さらには国立感染症研究所でPCR検査など、鑑別診断してくれるのに、それを怠っている。完全に医師の知識不足による診断の遅れ。あーあ。

 「新型インフルエンザ」第1号患者が確定されている。
 →第1号患者の確定はまず困難。日本各地で同時に発病者が発生するため、ある個人を「第1号」と確定できるのはきっとそれらの情報が整理できた数週間後以降。

 突然病院関係者がある講堂みたいなところに隔離される。
 →あの~。人権保護の観点からそういうことは絶対にできないのですが…自宅待機ならまだしも…

などなど、突っ込みどころ満載でした大汗

 まあ、これはギャグ漫画であり、すべてがフィクションだから、それに突っ込みを入れても仕方がないとわかってはいるものの、読者への「新型インフルエンザ」のイメージがこのように植え付けられるのは「リスクコミュニケーション」の観点から困るなというのが正直な感想です。

 これからも怖いもの見たさで読んでみるか、もうやめるか、迷っています。

フィクションを「ノンフィクション」と正反対に書いていました。訂正いたします。
スポンサーサイト
[ 2008/09/22 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(1) | CM(1)

ノンフィクションではなくフィクションでは…
[ 2008/11/15 08:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/221-909e9e08


試写会「感染列島」  インフルエンザ予想のタイムリーな日本発大作

試写会が当たった。土曜日のものが当たるなんて珍しい。 で、会場に着てみると異常なくらいに列が並んでいる。 会場入りしてさらに驚く。開場前に並んでいたのに、1階はすでに空席がない。 異常だ。 そして、最前列にロープが張ってある。これはどうもアレだな…。...
[2009/04/16 01:18] URL    朕竹林  ~映画とネットとモバイル機器な日々~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。