TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ対策に取り組む理由はなんですか? 

 新型インフルエンザ対策では、「ある1人を救う」ことに重点を置くのではなく、 「massとして人類を救う」ことに重点を置くべきなのですが、意外とナショナリズムの中ではそのような観点が置き去りにされています。

 A市地方自治体の人間にとっては、「A市民」を守ることが使命であって、「B市民」のことは考える必要がありません。日本の行政システムはそのように構築されています。図書館の利用条件が「○○市在勤在住の人」と限定されている自治体があると思いますが、その趣旨は「自治体に住民税や法人税など、税金を納入していると考えられる人」ということです。

 これは国レベルでもいえることであり、厚生労働省は日本国民の命を守るために働いており、アフリカで飢餓に苦しんでいる人々の新型インフルエンザ対策を考える必要は(あまり)ありません。

 新型インフルエンザ対策は、実は先進国が先進国の繁栄を守るために行っている行為であり、地球に住む人類すべてを平等に考えているわけではないのです。

 世界中で、新型インフルエンザ対策をすることができる国が何カ国あるか、考えたことがありますか?

新型インフルエンザ対策に取り組む理由はなんですか?

業務上仕方がないからですか?
業務命令だからですか?
使命感からですか?
なりゆきですか?
趣味ですか?
研究ですか?
儲かるからですか?
保身のためですか?


スポンサーサイト
[ 2008/11/05 00:00 ] 諦めの気持ち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/223-f721da73










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。