TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語訳の新型インフルエンザガイドライン(フェーズ4以降)公開 

 平成19年3月26日新型インフルエンザ専門家会議が開催され、「新型インフルエンザガイドライン(フェーズ4以降)」が策定されました。 皆さん、これをもとにパンデミック対策をしていることでしょう。

 2008年9月19日に、これらの英語訳versionが一気に公開されました。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/09.html

 新型インフルエンザの英語訳は、Pandemic Influenzaでした。

 私はこれまで、厚生労働省は意図的に新型インフルエンザという単語とパンデミックインフルエンザという単語を区別しているのかと思っていました。しかし、英語訳を見る限り、

新型インフルエンザ=パンデミックインフルエンザ
のようです。裏を読み過ぎました。

 現在、リスクコミュニケーションがうまくいっていない大きな要因の一つとして、

Pandemic Influenzaの英語訳を新型インフルエンザにしてしまったことが挙げられます。

だから、
「新型インフルエンザとは、~~」という説明が必要になってしまうのです。
パンデミックインフルエンザという訳にしておけば、
「パンデミックとは、~~」という説明だけで済んだのです。

日本で最初にPandemic Influenzaの英語訳を新型インフルエンザにしてしまった人の罪は重いと思います。

なお、日本人は新○○と「新」という言葉を安易に使いすぎです。

新幹線、新大阪、新横浜、新下関、新白河、新花巻、新倉敷、新八代、新水俣、新神戸、新岩国、新富士、新尾道、新薬師寺、新平家物語、新日本製鉄、新広島市民球場、新社会党、新千歳空港

安易なネーミングは、後世が困ります。

スポンサーサイト
[ 2008/09/26 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/230-c06c9c08










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。