TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

岡田晴恵氏の代表作、「H5N1」の映画化その3 

 作家の岡田晴恵氏の代表作、「H5N1」の映画化への話の続報を記載したところ、協賛金の金額、配役案など、内部情報の投稿が寄せられました。

 出版社のダイヤモンド社によると、「H5N1」は

新型インフルエンザが世界各地で発症、ついに日本に上陸したら――。現役研究員が告発する驚愕の完全シミュレーションストーリー。TVや雑誌等のマスコミが次々ととりあげる話題の一冊。

 このブログで内部情報の投稿内容を紹介したいのですが(匿名でコメントをいただいたという意味はすでに使用してもいいという意味と解釈しますが)、 あまりにも衝撃的な内部情報なので、少しためらいました。明日以降、掲載しようと思います。しばらくお待ちください。

 今、再度読み直しましたが、あまりにもひどい内容です。世の中の企画書というものはこんな大風呂敷を広げた大ボラ吹きの内容で構成されているものなのでしょうか?ひどすぎます。

 なお、数年前のH5N1インフルエンザ患者数が増加していた時はさておき、今現在、作家である岡田晴恵氏は一体何がしたいのでしょうか。ますますわからなくなってきました。

スポンサーサイト
[ 2008/10/22 00:00 ] 木村盛世等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/262-18243c32










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。