TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最大の防御策は篭城&マスク 実は役に立たない「うがい」 

日経トレンディネット(2008年2月20日)より引用(現在は閲覧不可)

 新型インフルエンザが日本に入ってきた場合、どんな対応がなされるのだろうか。日本も検疫態勢は備えつつある。

患者の隔離や就業制限などの強制的処置が取られる
 例えば、旅客機内に新型インフルエンザ感染を疑われる客がいた場合、機内で発熱などを確認し、機長が空港の検疫所に無線で通報。空港に到着すると防護服で身を固めた検疫官が機内を調べ、発症した恐れのある客は感染症指定医療機関に隔離される。また、同乗者のなかで席が近かった者、同じツアーの客などは最大10日間の潜伏期間の間、病院などの停留施設で感染していないか健康状態を観察する、といった具合だ。

04_px450.jpeg
検疫所は、発生地域からの入国者に対して、質問票および診察などにより新型インフルエンザ疑い患者のふるい分けを行い、停留や治療などの措置をとる(画像クリックで拡大)

 しかし、現実には潜伏期間中の感染者が入国した場合は防ぎようがない。「潜伏期間であれば感染者本人も自覚症状がなく、血液や粘膜を調べてもインフルエンザとはわからない。体温も平熱なので、空港に設置されたサーモグラフィーも通過してしまう」と新型インフルエンザに詳しい外岡立人小樽市保健所長は言う。仮に成田空港での検疫をすり抜けた感染者が、地方の自宅に戻ってから発症したとしよう。「新型インフルエンザの情報を正しく把握しているのは感染症指定病院など大病院だけだ。地方のクリニックなどが、新型の感染者を通常のインフルエンザと間違えて処置しているうちに、感染がどんどん広まることも充分に考えられる」(外岡所長)。

 政府はすでに、「新型インフルエンザ対策行動計画」を昨年10月に改定強化している。この行動計画によれば国内で感染が広まった場合、国民に外出や集会の自粛を呼びかけ、必要に応じて発生地域の学校や大規模施設の一時的閉鎖を求めることになる。感染を拡大しないためには、人と人の接触を極力減らし感染リスクを下げる必要があるからだ。

 米国では、国内の感染の拡大(パンデミック)が確認されたなら、大学を含むすべての教育機関を3カ月間、閉鎖することが決まっている。しかし、日本では感染が拡大した場合、どれほどの期間、学校を休校にするかも決まっていない。また、外出自粛なども強制力がない。

 そこで、政府は感染症法と検疫法を法改正し今国会で成立させる予定だ。法改正がなされると新型インフルエンザは、ペストやエボラ出血熱などと同程度の、危険度の高い感染症と位置付けられ、患者の隔離や立ち入り制限、就業制限などの強制的処置も可能になる。国もようやく最悪の場合に備えた対応に本腰を入れ始めたといえよう。

タミフルは2800万人分備蓄。しかし新型には効きにくい可能性も
 では、新型インフルエンザの脅威から身を守る術はあるのだろうか。まずは治療薬だ。通常のインフルエンザにも使われる治療薬「タミフル」を、国や都道府県は合計2800万人分を備蓄している。だが、「現状ではH5N1型鳥インフルエンザの人の発症例に、タミフル投与はあまり効果をあげていない。もちろん、新型インフルエンザになった段階でも効果があるという保証はない」(国立感染症研究所・感染情報センター、谷口清州第一室長)。

05_px450.jpeg
抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」。個人が直接薬局などに行って購入することはできず、医療機関で医師の診察を受け、処方箋を交付してもらう必要がある(画像クリックで拡大)

 タミフルが効かない耐性ウイルスにも効果のある治療薬「リレンザ」もあるが、こちらの備蓄は今のところ135万人分であり、国が行動計画で想定する国内の患者数3200万人には遠く及ばない。朗報もなくはない。H5N1型鳥インフルエンザに対する効果が動物実験で確認された新薬「T-705」が、臨床試験の最中で2009年中には発売されそうだ。

 新型発生に備えるという点ではワクチンも忘れてならない存在。H5N1型鳥インフルエンザ感染者のウイルスから作られた「プレパンデミックワクチン」1000万人分を国で備蓄しており、さらに異なるウイルス株のワクチンを追加して備蓄する予定だ。しかし、医療従事者などに優先的に投与する予定のため、誰でもが医療機関でこのワクチンを投与してもらえるわけではない。一方で、スイスでは政府が700万人を超える全国民分のプレパンデミックワクチンの備蓄を完了した。国によって対応には大きな差があるようだ。

実は「うがい」はほとんど効果なし
 新型インフルエンザに対応したワクチン(パンデミックワクチン)は全国民分用意される予定だが、それが完成するには、現状では新型が発生してから最短でも6カ月程度かかるといわれている。では、それまでなんとか感染しないための方法を検証してみよう。

 一般的にインフルエンザから身を守る身近な対策としてよく言われるのが、うがい、マスクの着用、手洗いだ。ところが、従来型も新型も含めてインフルエンザにうがいはほとんど効果がないという。「欧米でインフルエンザ予防にうがいを奨励している国はない。飛沫感染で喉の粘膜に付着したインフルエンザウイルスは、10分ほどで粘膜細胞の中に侵入する。外出して戻ってからうがいをしても遅過ぎる」(外岡所長)という。

 ただし、マスクと手洗いには一定の効果がある。使い捨ての風邪用マスクでも、きちんと顔に密着させて着けていれば、感染者の咳などで飛んで来るウイルスを遮断することができる。また、服や髪の毛、肌などに感染者の咳でウイルスが付いたとしても、極端に恐れる必要はない。個人が検疫用の防護服を着て出歩くようなことにもならないだろう。「新型も含めインフルエンザのウイルスは、衣服や肌に付いても1時間程度しか生きていられない。ウイルスが付着した手を舐めたりしない限りはまず感染しない」(国立感染症研究所・谷口室長)。とはいえ、ドアの取っ手などにウイルスが付着していて知らずにつかみ、その手を無意識に口元に、というケースはありうる。そこで頻繁な手洗いが新型の予防にも効果ありというわけだ。

家庭に最低1カ月分の食糧の備蓄を
 感染が拡大すれば社会機能も深刻なダメージを受ける。交通機関や流通、製造業など多くの業種が、社員の感染によって通常業務を維持できなくなるかもしれない。米国では感染拡大の際には、社員の在宅勤務や部門ごとの時差出勤などを実施し、社内に人を密集させない対策を取る予定の企業が多い。

 だが、日本では企業の新型インフルエンザ対策は進んでいない。「電気、ガスなどインフラ事業も含め各企業に新型インフルエンザに備えた対策マニュアルを作るよう国としてお願いしている」(厚生労働省健康局結核感染症課・大森豊緑感染症情報管理室長)という段階だ。宅配大手のヤマト運輸も「新型インフルエンザ対策のマニュアルは特に作成していない」(広報課)。コンビニエンスストアのセブンイレブン・ジャパンも「地震など緊急時の行動基準はあるが、新型インフルエンザに特化した対策は今のところない」(広報センター)。国内企業の多くが未知なる脅威に対しての認識はきわめて薄い。

 こうした状況のなかで、新型対応のワクチンが完成するまで、いかに感染しないようにするかが重要になってくる。そのためには人の集まる場所に極力、行かないことが肝心だ。感染の最初のピークは6~8週間前後で終わると専門家は予測する。「一定の食糧、水、日用品を家庭に備蓄しておくことが必要だ。宅配サービスなどを利用することは、人との接触をなるべく避ける意味でも考慮すべきだ」(谷口氏)。感染が全国に広まった場合には、地震と違ってどこからもしばらくは救援は来ない。一般的には、最低1カ月分の食糧の備蓄が必要と考えられている。最悪の場合を想定して今から何を用意すべきかを真剣に考えておくべきだろう。 (文/礒部道生)

スポンサーサイト
[ 2008/06/14 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(1) | CM(4)

インフルエンザウィルスは衣類の上で1時間しか生きていないんですか? 以前見た記事では8時間となっていたように思うのですが・・
[ 2008/06/14 09:06 ] [ 編集 ]

ウィルスの生存時間

「鳥インフルエンザ完全マニュアル」という本に、英国衛星保護局の研究によるととして、ステンレス上では、24~48時間、ソファ・衣服・本・新聞など比較的柔らかいものの上では、8時間前後、人の肌では、数分と書いてありました。
[ 2008/06/14 22:50 ] [ 編集 ]

教えてください

>インフルエンザウィルスは衣類の上で1時<間しか生きていないんですか?

このあたりの根拠はどこにのっているのでしょうか?ご存じのかた教えてください。
[ 2008/06/15 10:25 ] [ 編集 ]

 ありがとうございました。
皮膚の上で数分とは! 神経質になり過ぎないでよいのですね。
自宅看護での感染防止に自信はないのですが、がんばります。
[ 2008/06/15 18:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/27-4f5e9199


インフルエンザ報道についておもうこと

ブタ系由来新型インフルエンザウィルスに 海外渡航歴なしの大阪の高校生が感染したことで 今朝からニュースで頻繁にとりあげられている。 速報までもはいってきた。 この
[2009/05/17 17:56] URL billabong








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。