TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Phase5以降における疫学調査(試案)とリスクコミュニケーションについて」考察① 

平成20年度 感染症危機管理研修会(平成20年9月18日(木)、19日(金))で発表された、

「Phase5以降における疫学調査(試案)とリスクコミュニケーションについて」

のスライド内容は、以下のとおりです。

はじめに
• 我が国における新型インフルエンザ対策の最大の目的は、国内侵入後 にその流行を可能な限り抑制・遅延させ、①医療体制破綻の阻止、②治 安、消防・救急、ライフラインに代表される社会機能の維持、③多くの未 罹患者にパンデミックワクチンを接種することを可能にすることによって、 患者発生数及び健康被害の程度を最小限にすることである
• 積極的疫学調査ガイドラインに書かれている通り、保健所が主体となっ て実施する新型インフルエンザ患者発生における積極的疫学調査は、 地域内において患者が発生すると同時に開始される
• その終了については地域内で多数の患者が発生し、多くの患者の感染 源の特定が不可能となり(疫学的リンクの喪失)、積極的疫学調査による 感染者の追跡調査実施の意義がなくなった時点をもって原則的に調査を 終了するとされている

新型インフルエンザ積極的疫学調査調査の内容
☆本調査は基本的には症例調査と接触者調査がある
1.症例調査
ア)症例基本情報・臨床情報調査
イ)症例行動調査
ウ)感染源調査
2.接触者調査
以下の順に調査を実施する
ア)接触者の定義
イ)接触者のリスト作成
ウ)接触者状況確認調査
エ)接触者に対する初回面接または電話調査および保健指導
オ)追跡調査
カ)接触者追跡の中止

G.積極的疫学調査の終了②
新型インフルエンザ積極的疫学調査ガイドライン
2.調査終了の目安:
原則的に、地域内で多数の新型インフルエンザ患者が発生 し、多くの患者の感染源の特定が不可能となり(疫学的リン クの喪失)、積極的疫学調査による感染者の追跡実施の意 義がなくなったときに、本調査は終了となる。都道府県等は、 本基準をもとに国と協議を行った上で調査終了の判断を行う。 積極的疫学調査の終了以降は、新型インフルエンザサーベ イランスの強化を行う

では、保健所が実施すべき疫学調査はそれで全てお終いなのか?

新型インフルエンザの国内侵入後のステージ①
(感染症情報センター案です)
★WHOが発表するパンデミックフェーズは、日本国内の流行状況 を反映したものではない。国内の流行の各段階において、公衆衛生 対応を具体化するために、新型インフルエンザが国内に侵入し、流 行・蔓延した後に収束するまでを4段階(4つのステージ)で表現した。 これらステージは、特に早い段階においては国内の各地域におい ても異なっていることが想定されるものであり、都道府県単位で区 分するものとする。

新型インフルエンザの国内侵入後のステージ②
(感染症情報センター案です)
Stage Ⅰ:未発生期
地域内において新型インフルエンザがまだ1例も発生していない段階
Stage Ⅱ:侵入早期
新型インフルエンザが地域内に侵入し、患者が発生しているが、まだ殆どの発 生患者の疫学的リンクが明らかであり、接触者を特定するための積極的疫学調 査が可能である段階
Stage Ⅲ:感染拡大~蔓延期
地域における患者発生数が増大し、接触者を特定するための積極的疫学調査 が不可能となり、その後新型インフルエンザの流行が拡大し、蔓延していく段階
Stage Ⅳ:回復期
新型インフルエンザの流行が極期を過ぎ、流行が収束に向かっている段階

新型インフルエンザにおける主要な対策
(感染症情報センター案です)
A. 社会的距離(Social distancing)
流行を抑制または遅延させるための非薬物的介入として、学校、幼稚園、保 育園等の集団生活の休止、集会等の中止、人の集まる企業活動の自粛およ び制限、外出の自粛、交通制限等があげられる。
B. 予防投薬(Prophylaxis)
予防投薬の対象者には、「患者の同居者」、「同居者以外の濃厚接触者」、 「患者が通う施設に属する者」の3種類がある。
C. 早期発見・早期治療(Early detection & treatment)
患者をできる限り早期に発見し、発症早期より治療を行う。このためには患者 サーベイランスの整備、発熱外来(以降新型インフルエンザ外来)やそれに類 する相談センターの役割と、治療としての抗インフルエンザ薬の潤沢な備蓄と 配送の整備が重要となる。
D. ワクチン接種(Vaccination)
新型インフルエンザ対策としては、プレパンデミックワクチンの接種とパンデ ミックワクチンの接種がある。

 国が、発熱外来という概念を見直す方向であることが明らかにありつつあります。
 この感染症情報センター案も、かなり採用されています。
 公式には、来週その案が我々国民に公表されます。
 地方自治体の皆さん、首を長くしてお待ちください。


スポンサーサイト
[ 2008/11/10 00:00 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/272-1a655a2a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。