TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ対策関連ビジネスを冷静に考える 

mochigase.jpg  新型インフルエンザ対策と銘打って、産業界は企業・行政・個人に対してウイルス対策製品の売り込みが非常に激しくなっています。

 某企業のマスク売り込みブースの宣伝文句の写真を、ある方から頂いたので、掲載してみました。

 もはや、冷静な判断を求めている言葉とはとても思えません。ウイルス対策を、ある特殊素材に依存して行うことってありえるのでしょうか?そんな簡単にウイルス対策できたら、誰も苦労しません。もし防げるのなら、今年は季節性インフルエンザも撲滅できそうです。みんなHappyです。

 しかし、ウイルスの性質をまるで分かっていない企業担当者、行政担当者、そして個人は、その言葉につられ、購入することになるのでしょう。

 以前、フィットテストの重要性について記事を書きました。
N95マスクの正しい装着方法についての通知
N95マスクでも顔との隙間からウイルスは通過してしまう

 人は、いかなる時でも楽をしようと思ってしまう性質があります。マスクの正しい装着方法を常に意識することよりも、特殊素材に頼ってしまうのです。

 ダイエットを継続するのには、日々の継続的な努力しかないことは、万人が分かっているのですが、怪しいダイエット商品が滅びることなく巷にあふれているのと現象としてはまったく同じです。

 個人が行う新型インフルエンザ対策には、このような製品を購入するという行為は必要なく、各個人が手洗いをしっかり行い、咳エチケットを守る。更に有症状時には会社を休むことが可能な体制を企業が徹底することなどが求められます。

 もちろん、災害対策として、有事に本当に利用できることにお金をかけることは必要ですが、結局有効に生かされることのない物品に費用をかけることは無駄です。

 その見極めをする能力こそが、プロの仕事だと私は考えます。


スポンサーサイト
[ 2008/11/17 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/274-e30d1fa9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。