TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年11月20日にガイドライン改定案発表へ-発熱外来はどうなる?- 

 

第10回新型インフルエンザ専門家会議の開催について

標記について、下記のとおり開催いたしますのでお知らせします。

なお、傍聴を希望される方は、募集要領によりお申し込み下さい。

1.日時平成20年11月20日(木)10:00~12:00

2.場所厚生労働省専用第18会議室(17階)
東京都千代田区霞が関1-2-2

3.議題

(1)ガイドライン等改定案の検討

(2)その他

4.傍聴者30名程度

5.募集要領

(1)会場設営の関係上、事前にお申し込みいただきますようお願いいたします。

(2)傍聴者は、別紙の「傍聴される方へ」を厳守して下さい。

(3)FAXにより以下の事項を記載の上、お申し込み下さい。

・標題「新型インフルエンザ専門家会議の傍聴希望について」

・お名前(ふりがな)、連絡先住所・電話番号及びFAX番号

・勤務先又は所属団体

(4)申込み締切は、平成20年11月13日(木)17時必着です。

なお、応募者が多数の場合は抽選とさせていただきますので、予めご了承下さい。抽選の結果、傍聴できる方に対しましては、原則FAXにてご連絡差し上げます。(傍聴できない方に対しましては特段ご連絡いたしません。)


傍聴される方へ

(新型インフルエンザ専門家会議)

【注意事項】

事務局の指定した場所以外に立ち入ることは出来ません。

携帯電話等音の出る機械については、音の出ないようにしてください。

写真撮影やビデオカメラ等の使用はご遠慮ください。

会議場における言論に対して賛否を表明し、また拍手をすることはできません。

傍聴中、新聞紙又は書籍の類を閲覧することはご遠慮ください。

傍聴中、飲食又は喫煙はご遠慮ください。

静粛を旨とし、審議の妨害になるような行為は謹んでください。

審議中の入退室は謹んでください。

銃器その他の危険な物を持っている方、酒気を帯びている方、その他秩序維持のため必要があると認められる方の傍聴はお断りいたします。

その他、座長及び事務局職員の指示に従ってください。

以上の事項に違反したときは、退場していただくことがあります。


 第10回新型インフルエンザ専門家会議で、厚生労働省からガイドライン等改定案が提示され、これまでの発熱外来の概念がひっくり返ります。これは言いすぎですが、やはり発熱外来そのものが感染拡大の温床になるという意見を反映したものになります。

 すでに日本各地では、公民館や体育館などで発熱外来を設置する計画を準備している地域もありますし、それを踏まえてこのブログでもいろいろな発熱外来のあり方をまとめてみました。しかし、問題点が噴出し、それを国が反映させて今回の改定案提示ということになりました。

 とにかく、このガイドライン等改定案に注目です。

スポンサーサイト
[ 2008/11/12 00:00 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/278-df1fe5c9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。