TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「新型インフルエンザ患者たらい回し」記事の未来予想図 

 年末年始は日本の医療提供体制が最も手薄な時期です。しかし感染症は時間と場所を問わず突然襲い掛かります。東京都の産婦が脳出血により亡くなってしまった事件のニュースをもとに、未来予想図の記事を書いてみました。作品の出来はかなり悪いです。
【20xx年xx月xx日】

 ○○県は、新型インフルエンザ患者の「たらい回し」をなくすため、病院間で受け入れ先を探す新たな医療体制「○○県ルール」を来年度から始める。

 県内の複数の病院を「新型インフルエンザ入院病院」に指定し、患者を受け入れられる病院を見つける。患者の受け入れで、病院同士で連絡を取り合って決める試みは全国初。県は「新型インフルエンザ患者受け入れの新たなモデルになる」と期待している。

中核病院が搬送先探し

 新型インフルエンザ患者は消防庁の救急隊が病院に照会し、搬送先を決めている。

 県の担当部署によると、○○県ルールは、県内を複数の地域に分け、入院が必要な重症患者を扱う病院の中から、1地域で2か所をセンターに指定。救急隊の受け入れ先探しが難航した場合、センターが救急隊に代わって患者を受け入れる病院を探したり、受け入れたりする。

 地域のほかの病院は、センターに空きベッド、当直医の専門や人数などの情報を提供する。

 それでも受け入れ先が見つからないケースでは、県消防庁指令室の職員が務めるコーディネーターが、ほかの地域のセンターと調整する。

 県の担当部署は、「たらい回しを防ぐには、地域の病院が責任を持って新型インフルエンザ患者を受け入れるしかない」と話している。

 新型インフルエンザ患者の搬送を巡っては、病院が「ベッドは満床」「当直医が専門外」「新型インフルエンザ患者は受け入れられない」などと受け入れを拒否するケースが後を絶たず、12月に新型インフルエンザ疑い患者が8病院に断られて、結局死亡する問題も起きている。

 
スポンサーサイト
[ 2009/01/02 00:00 ] 入院・病院 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/286-3c57485d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。