TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1回の投与のみでの治療効果を期待できる長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害剤 

第一三共、インフルエンザ治療剤CS-8958の第III相臨床試験を開始
インフルエンザ治療剤CS-8958の第III相臨床試験開始について

 当社が自社創製したインフルエンザ治療剤CS-8958の、本邦での第III相臨床試験を開始しましたので、お知らせいたします。
 CS-8958は、長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害剤(Long Acting Neuraminidase Inhibitor、以下LANI)であり、 1回の投与のみでの治療効果を期待 しています。現在、本剤はインフルエンザウイルスの感染部位である肺、気管に直接作用する吸入治療剤として開発中です。また、これまで実施した非臨床試験において、A型、B型のインフルエンザのみならず本剤のH5N1鳥インフルエンザウイルスに対する効果も確認しております。
 第III相臨床試験は、A型またはB型のインフルエンザに感染した成人患者を対象に、1群数百人規模でCS-8958の有効性と安全性を検討することを目的とし、CS-8958 1回吸入投与群とリン酸オセルタミビル75mgの1日2回、5日間連続投与群との二重盲検試験を実施します。
 有効性評価項目は、投与後のインフルエンザ関連症状の改善と解熱効果であり、CS-8958とリン酸オセルタミビル投与群との間で統計的に差がないこと(非劣性)を検証することを目的としています。安全性についても臨床使用上問題がないことを確認します。
 当試験はMARVEL(Multinational Asian Clinical Research for Influenza Virus Extermination on LANI)と名づけられ、台湾、香港、韓国での国際共同試験として実施します。  また、小児を対象とした第II/III相試験も並行して実施し、小児に対する有効性と安全性を検討する予定です。

以上
 新型インフルエンザ治療用備蓄薬として、現在タミフルの備蓄が進んでいますが、このような新薬が次々と開発されており、行政としても備蓄コストなどを総合的に踏まえ、対応する必要があります。

 しかしながら、このCS-8958はリレンザ同様吸入薬であることから、素人が適切に服用するのがやや難しく、その吸入方法の指導に手がかかるのがネックになるかもしれません。

スポンサーサイト
[ 2008/12/02 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/287-a97ae8d4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。