TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフルエンザに対し積極的疫学調査を行うのが保健所の最も実践的な訓練 

 鳥インフルエンザおよび新型インフルエンザが発生し、保健所に届け出が出された場合、保健所職員は患者の感染源特定のためのための聞き取りおよび、患者から感染を受けた可能性のある者(接触者)の調査を行います。

 しかし、悲観的で申し訳ありませんが、私はこれは日本のすべての保健所職員が実行不可能だと思っています。

 というのも、現在の季節性インフルエンザに対し積極的疫学調査を行うのが保健所の最も実践的な訓練になるはずですが、季節性インフルエンザは定点報告疾患であるため、個人情報が保健所に届けられることはなく、日本で季節性インフルエンザに対し積極的疫学調査を行っているという話は聞いたことがありません。

 新型インフルエンザの定義から考えれば、季節性インフルエンザよりも感染拡大能力が高い疾患が新型インフルエンザです。

 ということは、季節性インフルエンザの封じ込めすらできない状況で、新型インフルエンザの封じ込めをするなんてことは理論破たんしていると思いませんか?

 批判ばかりではいけませんので、以下の提案をします。

「保健所はなんだかよくわからない新型インフルエンザ対策訓練を行うより、地元の医療機関と協力して、季節性インフルエンザ患者を報告してもらい、積極的疫学調査を行うという実践的な訓練を日々積み重ねる。そこでわかる個人情報保護法を勘違いした情報提供拒否に対する対応などを実務から学んでいく。」

スポンサーサイト
[ 2008/11/25 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/289-928ca1e9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。