TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発熱外来とは?その1 

もし新型インフルエンザが発生して、みなさんがいわゆる風邪症状や高熱が出たらどうしますか? 病院に行くのが普通ですよね。
でも、新型インフルエンザが発生しているときに、みなさんが風邪症状や熱はないけど、
「定期的な高血圧の薬をもらいに行きたい」とか、
「喘息の薬をもらいに行きたい」というとき、どうしますか?新型インフルエンザ患者がいるかもしれない病院・診療所に行きますか?迷いますよね。

それを解決するための概念が「発熱外来」です。

その定義は厚生労働省のHPに掲載されています。
(2)発症者の家庭における留意事項
発熱・咳・全身痛など通常のインフルエンザと思われる症状がある場合、事前連絡なく近医を受診すると、万が一新型インフルエンザであった場合、待合室等で他の患者さんに感染させてしまう「二次感染」のおそれがあります。その場合はまず、保健所等(発熱相談センター)に連絡し、都道府県等が指定する医療機関など(発熱外来など)を受診して下さい。都道府県や、市町村、保健所から、情報が提供されますので、随時チェックをするようにしてください。

*発熱相談センター:
発熱を有する患者さんからの相談を受ける施設。都道府県・保健所を設置する市又は特別区が保健所等に設置する。

*発熱外来:
発熱を訴える患者さんに対し、直接通常の外来を受診するのではなく、他の症状の患者さんから隔離した場所で外来診察を行うシステム。新型インフルエンザ感染・発症を否定されれば通常の外来での診察になり、新型インフルエンザであれば感染症指定医療機関等に入院措置等が取られる。

特に自分自身が発熱・咳・のどの痛みなどの「かぜ症状」を呈した場合には、その症状が新型か否かにかかわらず、インフルエンザによるものか否か、またインフルエンザであってもどの型であるかは、検査をしなければ分かりません。したがって、上に挙げたような医療機関を受診する必要がありますが、医療機関を受診するときはもちろん、外出時、家庭内でも、咳をする際には「咳エチケット」に十分注意をして、周囲に感染させないように心がけることも必要となります。
この「発熱外来」の構想をWHOの尾身茂・西太平洋地域事務局長は暗に否定して、在宅医療を勧めたということなのです。
「発熱外来」は新型インフルエンザ対策のキーワードの一つなので、今後詳しく説明して行きましょう。

スポンサーサイト
[ 2008/08/24 00:00 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/31-20e21736










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。