TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスコミ報道の尻拭いを強いられる行政職員 

 テレビや新聞、雑誌などで、新型インフルエンザの脅威をあおる内容が報道された後には、全国の保健所などにはかなり多くの電話相談があります。

 「昨日テレビで新型インフルエンザは目からも感染すると放送してたけど、ゴーグルなんてどこで売っているか分からないし、どうすればいいんですか!!!」

 「アメリカに全国民分のプレパンデミックワクチンの用意があるのに、どうして日本は全国民分のワクチンがなくて、しかも我々ではなく保健所のあなたたちに優先権があるなんてとんでもない!!!」


「なぜこういう質問に対して、私たちが答えなくてはいけないんですか?情報発信者が責任を持って回答してください。」と心の中で思いながら、正しい情報を伝えるのが私たちの務めと思い、一つ一つ丁寧に説明し、真実を客観的データをもとに伝えていきます。

すると、電話の先の方はお怒りになります。

「え!!!では、テレビ放送内容は間違っているんですか!!!」

「アメリカのプレパンデミックワクチン備蓄の件は公式発表がないので公式見解としては間違いです。目からの感染の可能死については、100%間違いとは立場上言えませんが、まだ発生していない感染症ですので、少なくとも「感染の可能性が高い」とはいえませんね。何もわからないというのが真実です」

「でも、国立感染症研究所のひとがインタビューで答えてましたよ!!!」

「・・・(絶句)」

 電話が終わった後、疲労感が漂います。

 報道しっぱなしで、問い合わせは地元の保健所へって、それはないでしょう。もちろん正しい情報をこれまでも、そしてこれからも丁寧に説明します。しかし、尻拭いは勘弁願いたいです。

 国立感染症研究所の肩書で発言しているのなら、組織に責任をとってもらわないといけません。

 ということで、 国立感染症研究所のお問い合わせ先のホームページを紹介します
http://www.nih.go.jp/niid/comments/index-j.html

国立感染症研究所およびこのサイトに関するお問い合わせは、info@nih.go.jpで受け付けております。

問い合わせ要項
メールには、お名前・ご職業やご所属・年齢などをお書き添えください。また、 質問の動機を書き添えて頂けると幸いです。

質問内容は、具体的かつ明確にしてください。各ページに対する問い合わせであれば、タイトルやURLを明記してください。特定の感染症に関するものは、わかる範囲で感染症の名称を明記してください。

当研究所は診療を目的とした医療機関ではありません。個々の病状については、お答えできない場合がございますのでご了解ください。

研究所への就職や研修については、別にサイトを用意しております。そちらをご参照になり、問い合わせはお控えください。

機器・試薬・書籍等の販売・宣伝を目的としたメールは受け付けません 。

 国立感染症研究所の多くの他の職員に迷惑がかかるのだと思いますが、やはり国立感染症研究所研究員としての発言には責任を持っていただきたいので、国立感染症研究所で答えてください。よろしくお願いします。我々は国立感染症研究所研究員としての発言内容に答える責務はありません。各自治体の皆さんも、場合によってはこちらを紹介してよいでしょう。 

スポンサーサイト
[ 2008/12/18 00:00 ] 木村盛世等 | TB(0) | CM(1)

H5N1鳥インフルエンザが高温多湿の東南アジアで流行する理由を教えてください。

ウィルスちゃんさん、macamacaです。
先日お尋ねした件ですが、季節性インフルエンザは日本では冬の寒い空気が乾燥した時期に流行しますが、H5N1鳥インフルエンザは高温多湿の東南アジアで発生していますよね。両者の違いが何なのか、何故H5N1鳥インフルエンザは高温多湿でも流行するのか、ご存知でしたら教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
[ 2008/12/19 10:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/310-6b600809










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。