TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高病原性鳥インフルエンザの定義の確認(復習) 

miyake.jpg  このブログは、ある一定のインフルエンザに関する知識を持っている人を対象に記述していましたが、閲覧数が増えるに従い、「鳥インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」の区別がつかない方も閲覧しているようですので、改めてそれらの違いを確認しましょう。マスコミを含む国民の大多数は、以下の3つの区別がついていないと思います。

 逆説的に考えれば、その違いを曖昧に表現し、「鳥インフルエンザ」の致死率や症状が、あたかも「新型インフルエンザ」にも当てはまるように記述しているのが、昨今の恐怖心を煽る手法なのです。

  「鳥インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」が異なるという事実を、我々は国民にもっとPRしないといけないようです。

 まず、感染症法という法律に、その違いは明確に記載されています。日本国が、国家としてその違いを法律で明記しています。この法改正は平成20年5月12日施行ですので、昨年までの情報しか持ち合わせていない人にとっては理解不能なのかもしれません。

①二類感染症:鳥インフルエンザ(H5N1)
②四類感染症:鳥インフルエンザ(H5N1以外)
新型インフルエンザ等感染症

 これ以外に、五類感染症:インフルエンザ(鳥インフルエンザ以外)がありますが、さすがにこのインフルエンザが他と違うことには気づき始めているようです。

 本ブログでは新型インフルエンザ対策を中心に情報発信していきますが、二類感染症:鳥インフルエンザ(H5N1)と、四類感染症:鳥インフルエンザ(H5N1以外)にもほんの少しですが触れて行きたいと思います。

 国際獣疫事務局が定義する高病原性鳥インフルエンザは以下の①~③に該当するウイルス感染症です。

① 感染卵尿腔液の1:10希釈液0.2 ml を、4~8週齢の感受性鶏8羽の静脈内に接種し、10日以内に6羽以上致死させる(致死率75%以上)。
② ①のテストで1~5羽の鶏を致死させるH5又はH7亜型以外のウイルスの場合、トリプシン非添加で培養細胞にプラックを形成する。
③ 低病原性のすべてのH5, H7ウイルス及びトリプシン非添加でも培養細胞でプラックを形成する他の亜型のウイルスの場合、HAの開裂部位のアミノ酸配列を決定する。それが他の高病原性株と同等の場合は高病原性とみなす。

  「高病原性」とは、あくまで「家禽」に対して病原性が高いということを意味しているのであり、決してヒト(そして野鳥)に対してではない ということは、多くの人が勘違いしていることです。家禽とは、「鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥及び七面鳥」の7種類の鳥類のみを指しますので、例えば「白鳥が高病原性鳥インフルエンザになった」という表現は言葉の使い方が間違っています。
 また、「高病原性」かどうかということは、鶏8羽中、6羽以上が死ぬかどうかという、原始的な方法で判定されているのも意外に感じるのではないでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2008/12/19 00:00 ] 鳥インフルエンザ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/311-3b0a67e9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。