TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフルエンザ予防接種週間 

National Influenza Vaccination Week

 The Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has announced the week of December 8-14, 2008, as National Influenza Vaccination Week. This event is designed to highlight the importance of continuing influenza (flu) vaccination, as well as foster greater use of flu vaccine through the months of November, December and beyond.

 This year, Tuesday, December 9th, is designated as Children's Vaccination Day. Thursday, December 11th, is designated as Seniors' vaccination Day, and Friday, December 12th, will focus on vaccination of health care workers. Please help emphasize the importance of vaccinating these special populations with awareness activities.
CDCホームページより引用)
 先週の8日から12日まで、アメリカはインフルエンザ予防接種週間だったようです。日本にはインフルエンザ予防接種週間はありません。予防接種の副作用を過剰に恐れ、国家としての接種勧奨にきわめて消極的な日本という国家の状況が垣間見えます。

 アメリカではさらに
 12月9日火曜日:小児予防接種デー
 12月10日水曜日:高齢者予防接種デー
 12月11日木曜日:医療従事者予防接種デー
と各ハイリスク者に対する個別の予防接種勧奨日まで設定されています。

 毎年このようなインフルエンザ予防接種週間が設定され、ハイリスク者に対する個別の予防接種勧奨日まで設定されているという報道が新聞、テレビなどで報道されていれば、パンデミック時の優先接種者のカテゴリー分類が発表されても、国民は納得するのだろうなと感じました。

 アメリカと日本には、このような基礎的な知識の普及活動に残念ながら格差があることは否めません。リスクコミュニケーションの重要性を再認識させられました。

スポンサーサイト
[ 2008/12/14 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/314-9a326c0f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。