TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年新型インフルエンザ対策総括 

 2008年は、日本の新型インフルエンザ対策にとって、大きな変革の年でした。

 主な出来事を年表にしてまとめてみました。
月日 出来事
2008年1月12日(土)、13日(日) NHKスペシャル
シリーズ 最強ウイルス
第1夜 ドラマ 感染爆発~パンデミック・フルー
第2夜 調査報告 新型インフルエンザの恐怖
2夜連続放送
2008年4月1日(火) 厚生労働省は新型インフルエンザ対策推進室を省内に新設
2008年5月12日(月) 感染症法改正案施行され、新型インフルエンザ等感染症が新たな類型として追加
夏~秋 地方自治体、企業における対策が進む
2008年11月20日(木) 新型インフルエンザ対策ガイドライン等改定(案)公表
2008年12月30日(火) 新型インフルエンザ対策行動計画・新型インフルエンザ対策ガイドライン等改定(案)のパブリックコメント締切

 このブログも、企業及び自治体の皆様を中心に、多くのアクセスをいただきました。本当にありがとうございました。

 当ブログ設立当初(2008年2月)のブログの紹介文は以下の通りでした。
 日本を中心とした新型インフルエンザ対策について情報発信するブログです。 新型インフルエンザは必ず発生し、どんな万全な対策をとっても必ず大量の死亡者が発生することを日本国民はもっと知るべきです。

 一方、私の自己紹介は以下の通りでした。
 私は新型インフルエンザウイルス発生を心配する市井の行政医師です。国・都道府県・保健所では新型インフルエンザ対策をしているものの、行政の政策に穴が多く、限界を感じています。個人的には人類が滅びるわけではないから、もうなるようになれと諦めてすらいます。
 しかし、この1年間の国および地方自治体、大企業の対策を考慮し、2009年1月1日からもっと前向きな内容とし、紹介文を変えることにします。

 1年間、ありがとうございました。来年も皆様にとって良い年でありますように。  

スポンサーサイト
[ 2008/12/31 00:00 ] ブログ・遊びの要素 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/321-a26e6f72










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。