TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人口の約26%を管轄しているに過ぎない神奈川県保健所 

 新型インフルエンザに的確に対応しようと、神奈川県は、行動計画を改定した。05年12月に策定した計画でわかりにくいとの指摘が多かった専門用語の表記をやめた。県民に内容を実感してもらう表現に努め、県内市町村との連携を密にして全県的な「危機管理態勢の構築」に力点を置いた。在日米軍との連携も新たに打ち出した。(岩堀滋)

 従来の行動計画では、発生後の感染予防と「封じ込め」が主な内容だった。厚生労働省が07年10月に改定した行動計画では、東南アジアで鳥インフルエンザに人が感染して死者が相次いだことなどを踏まえ、少なくとも海外で新型インフルエンザが発生した後の対応を重視。県の改定もこれに準拠した。

 具体的には、海外で発生後なるべく早期に知事を本部長とする「県危機管理対策本部」を立ち上げるとともに、患者の早期発見を目的に発熱相談センターを設置する。国内で発生した後は、県内でも多数の患者が医療機関に入院することが予想されるため、新型インフルエンザ患者とそれ以外の患者とを分ける発熱外来を置くなどの内容だ。

 国の行動計画では世界保健機関(WHO)の定義に基づく流行区分として「フェーズ」という専門用語が使われるが、県の行動計画は「海外発生早期」「国内感染拡大期」「国内流行期」などと具体的な表現にした。

 同様の行動計画は政令指定都市の横浜市などにもあり、県の行動計画との連携が課題とされていた。県保健福祉部は「整合性をとるために、情報交換を密接にしたい」としている。県は今後、市町村単位での訓練などにも力を入れる方針だ。

 県内には米軍施設が多く、不特定多数が出入りすることから、在日米軍と定期的に情報交換を行うことも新たに盛り込まれた。

 米国疾病管理センターの推計を県に当てはめた場合、医療機関を受診する患者は約118万人で、入院患者は約2万9千人、死者の数は約6800人とされる。

 県は「行動計画に伴い、きめ細かくわかりやすい情報提供を心がけ、被害を最小限に食い止めたい」としている。
(2009年1月5日 asahi.comより引用・一部改編)


 神奈川県は感染症対策上とても特殊な県です。というのも、横浜市、川崎市という2か所の政令指定都市を抱え、さらに相模原市、横須賀市、藤沢市は保健所を独自に持っています。神奈川県保健所はこの5つの市(人口合計約658万人)以外の感染症対策を担当しているので、県の人口(約896万人)の約26%を管轄しているに過ぎないのです。

 特に横浜市は人口約360万人を抱え、日本一のマンモス都市です。神奈川県保健所と横浜市保健所の横の連携は非常に大切です。

スポンサーサイト
[ 2009/01/13 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/333-8801111c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。