TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熊本県八代保健所企画の新型インフルエンザ対策総合訓練と小児への対応 

  新型インフルエンザの流行を想定した県内初の総合訓練が2009年1月15日、八代地域であった。八代保健所(八代市)が企画し、八代市など自治体や病院、警察署、学校など23社・団体から総勢約150人が参加。懸念される世界的な大流行(パンデミック)では県内で46万人が感染し、1万人弱が死亡すると推計されている中で、訓練では医師不足も浮き彫りになった。

 訓練は、海外での新型インフルエンザ発生から八代地域での大流行まで8つの場面を想定。八代保健所を中心に電話やファクスによる連絡や防護服を使った患者搬送、学校閉鎖、非常時に設置される診療施設での患者対応などについて訓練した。

 非常時の施設指定が想定される八代市井上町の太田郷公民館では、患者にふんした住民たちを、地元の医師や看護師らが対応。真っ白な防護服姿の医師らが患者と一定の距離を保ちながら問診や診察を行うと、会場は緊迫した空気に包まれた。

 一連の訓練には同保健所職員が立ち合い、公民館では「防護服のすき間や、飛沫(ひまつ)感染防止用ゴーグルの曇りが気になる」などと細かくチェック。患者役を務めた同市大手町の主婦福田美智子さん(56)は「新型の怖さを初めて実感した」と話した。

 パンデミック時は医師も6割が感染する可能性をあると言われており、同保健所は「パンデミックを回避するのが訓練の目的だが、実際に流行すれば医師不足はネック。小児科医が少ない八代地域では乳幼児への対応が課題になる」と総括した。
(2009/01/16付 西日本新聞朝刊より引用・一部改編)
 この訓練と、直接関係あるのかどうかは不明ですが、小児に対する対応は様々な点で問題が解決されていません。思いつくだけでも、
・感染症指定医療機関に小児を入院させる想定はほとんどされていない。
・小児に用いるタミフルドライシロップは国家備蓄、行政備蓄されていない。
・小児科はもともと(特に冬季は)受診者に対する発熱患者の割合が高いので、「発熱外来」がそもそもトリアージになってない。

などが挙げられます。

他にも問題があったら、コメントお願いします。

スポンサーサイト
[ 2009/01/22 00:00 ] 訓練フェーズ5B・6B | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/340-3ecebc5c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。