TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

佐賀県インフルエンザ半減キャンペーン2008…目標達成せず 

 世界的な流行が懸念される新型インフルエンザ対策に関する市町担当者の会議が2009年2月2日、佐賀市のグランデはがくれであった。県は改定した新型インフルエンザの行動計画を説明し、早急に市町個別の行動計画を策定するよう要請した。

 県の行動計画の説明では、発生段階ごとのライフラインの維持や医療体制などについて説明。市町の計画に盛り込むことが想定される在宅要援護者への支援や火葬処理機能の確保など13項目を紹介した。その上で「発生時には住民から相当数の問い合わせがあることが予想される。職員へ対応マニュアルを徹底してほしい」と促した。

 佐賀市が計画策定の取り組みを報告。県内発生時の事業所への事業自粛要請、ごみやし尿処理など現場の防疫対策など課題が多く残っていることを紹介した。

 県によると、10市町が計画策定に着手しておらず、県では担当職員らが各市町を訪問して具体的にアドバイスしながら、早期の計画策定を促す。
(2009年2月2日 佐賀新聞より引用・一部改編)

 佐賀県インフルエンザ半減キャンペーン2008も虚しく、昨シーズンを上回る季節性インフルエンザ患者が発生している佐賀県です。

佐賀県感染症情報センター

 シーズンの終了する4月以降に、佐賀県インフルエンザ半減キャンペーン2008を振り返り、何が問題だったかを反省し、具体的な提言をすることが、佐賀県が平成21年度に行っていく新型インフルエンザ対策の基本だと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/02/15 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/364-71afb887










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。