TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

St. Valentine's Dayと新型インフルエンザ 

 今日は2月14日、バレンタインデー(St. Valentine's Day)です。世界各地で男女の愛の誓いの日とされています。

 バレンタインデーの祝い方は、世界各地で違いがあり、日本での習慣は、独特のもののようです。 ヨーロッパでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ったりします。

 バレンタインにチョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスで始まりました。キャドバリー社が1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスやハート型のバレンタインキャンディボックスも発売。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人への贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていったようです。

 日本では、他の国と違う大きな特徴があります。 それは、女性から男性へ贈るのみで、男性から贈ることは珍しいということと、贈るものの多くはチョコレートに限定されているということです。女性が男性へチョコレートを贈る習慣は、日本で始まったものなのです。

 現在では、チョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されるといわれるほどの国民的行事となっています。

 健康第一を考えれば、バレンタインデーにマスクを送り、お互いの健康を誓い合う…
 なんていうのはやはりロマンティックではないですね。
 でも、新型インフルエンザが発生すれば、そういう時代が来るかもしれません。

スポンサーサイト
[ 2009/02/14 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/365-53e94dd3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。