TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

H7N6型キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 

 H7N6亜型のインフルエンザウイルスが日本の家禽から初めて検出されました。
 H7N6亜型のウイルスはこれまでスロバキア、モンゴル、オーストラリアの野鳥や家禽で見つかった例があるとのことです。

 1925年以来84年ぶりに検出されたとの報道もありますが、1925年に検出する技術があったのかは疑問が残ります。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/090301.html

平成21年3月1日
農林水産省
愛知県において分離された高病原性鳥インフルエンザウイルス(弱毒タイプ)について
  • 愛知県において分離(2月27日)されたウイルスについて、(独)農研機構動物衛生研究所において、性状の検査を行っていたところ、N6亜型であることが確認されました。
  • この結果、本ウイルスは、H7N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルス(弱毒タイプ)と確定しました。
1 ウイルスの検査結果
 本日、愛知県において分離されたH7亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルス(弱毒タイプ)について、動物衛生研究所が性状の検査を行ったところ、N6亜型であることが確認されました。

2 今後の対応
 (独)農研機構動物衛生研究所において、分離されたウイルスについて、疫学調査のために必要となる遺伝子解析等を行うこととしています。


【報道機関へのお願い】
  1. 現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むようお願いします。
  2. 今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、ご協力をお願いします。

 

家きん卵、家きん肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。
お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:山本、星野
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385


 H7N6亜型のインフルエンザウイルスが日本の家禽から検出されたという事実は、日本における新型インフルエンザ対策において、私は非常に好ましい、歓迎すべきニュースととらえます。

 その理由は、 新型インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスの亜型がH5N1であるとあたかも断定的に述べている人々に対するけん制の意味が深く深く込められているからです。

 新型インフルエンザの起因ウイルスがH5N1であるという考え方は、とても古典的で古い考え方です。H7N6型だって十分に新型インフルエンザの起因ウイルスとなる可能性があること、その場合は現在日本で備蓄している3000万人分のH5N1亜型インフルエンザウイルスから製造したプレパンデミックワクチンがどのような意味を持つのかをよく考えるきっかけにしてほしいです。

参考
日本のプレパンデミックワクチンはH5N1、では新型がH7だったら?

鳥インフルエンザ(H9N2)の場合、日本では隔離されず

H9N2の可能性と「世界人口の60%以上死亡危機説」の虚


スポンサーサイト
[ 2009/03/02 00:00 ] 鳥インフルエンザ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/385-05a80ff4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。