TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NHKためしてガッテン「歯磨きでインフルエンザ発症率10分の1」の怪 

 歯磨き指導でインフルエンザ発症率が10分の1に―。NHKが今年2月4日、情報番組「ためしてガッテン」で紹介したインフル予防法について、 一部の内科医や感染症医が「医師など専門家の裏付けコメントが一切なく、釈然としない内容だった」と首をかしげている。また、ある一般視聴者は「番組を見て、数人の歯科医、感染症医、歯科衛生士に話したところ、『そんな話は初めて聞いた』という答えしか返ってこなかった」と話す。インターネット上の掲示板などでも、予防法そのものを疑問視する書き込みが目立つ。番組内では、歯科衛生士がデイケアに通う高齢者に歯磨き指導をしたところ、発症率が10分の1になった事例を挙げ、口腔ケアが予防につながるとしていたが、果たして「歯磨きでインフル予防」は本当なのか―。
 (以後はキャリアブレイン記事参照)
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/20903.html

(2009年3月6日 キャリアブレイン より引用・一部改編)

 医療関係者なら、100人中99人が疑問に思った「歯磨きでインフルエンザ発症率10分の1」の怪について、丁寧に取材を重ねて疑問を解消した、とても素晴らしい取材記事です。

 一般視聴者のNHKのためしてガッテンに対する信頼性が、この2009年2月4日(水)の緊急生放送によって間違いなく下がったと思います。緊急生放送にともなう取材の不徹底が露呈した形です。

 NHKは、民放のように話題作りに走った番組作りではなく、しっかりした取材に基づく正しい情報提供をこれからもこれに懲りずに期待しています。

参考
2009年2月4日(水)「ためしてガッテン」へのgoo@某感染症科さんのコメント
 

スポンサーサイト
[ 2009/03/13 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(1)

管理人さんの

記事引用部分&コメントと、管理人さんのおっしゃる「とてもすばらしい取材記事」の内容とでは、印象がだいぶ違うのですが...

以前もコメントしましたが、管理人さんも、goo@某感染症科さんも、番組の放送内容自体をご覧になっての発言なのか、ぜひお伺いしたいです。

この番組を擁護するわけではないですし、放送内容がすべて正しかったとは思いませんが、なんだか違和感を覚えます。
[ 2009/03/13 23:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/393-a23cce32










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。