TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「感染症法 第七章 新型インフルエンザ等感染症」を学ぶ(1) 

 感染症法の「第七章 新型インフルエンザ等感染症」には、新型インフルエンザ等感染症に関する規定が記してあります。
 この条文を理解することが新型インフルエンザ対策の一歩ですので、時々学んでいきたいと思います。
(新型インフルエンザ等感染症の発生及び実施する措置等に関する情報の公表)
第四十四条の二
 厚生労働大臣は、新型インフルエンザ等感染症が発生したと認めたときは、速やかに、その旨及び発生した地域を公表するとともに、当該感染症について、第十六条の規定による情報の公表を行うほか、病原体であるウイルスの血清亜型及び検査方法、症状、診断及び治療並びに感染の防止の方法、この法律の規定により実施する措置その他の当該感染症の発生の予防又はそのまん延の防止に必要な情報を新聞、放送、インターネットその他適切な方法により逐次公表しなければならない。
2 前項の情報を公表するに当たっては、個人情報の保護に留意しなければならない。
3 厚生労働大臣は、第一項の規定により情報を公表した感染症について、国民の大部分が当該感染症に対する免疫を獲得したこと等により新型インフルエンザ等感染症と認められなくなったときは、速やかに、その旨を公表しなければならない。

第1項
 新型インフルエンザは、ウイルスの血清亜型、検査方法、症状、診断、治療、感染防止方法などが、発生後に初めて確定するという性質であるため、我々医師や、保健所職員、スタッフ等の感染症まん延防止のためには、必要な情報を速やかに伝える必要がある。

第3項
 簡単に言えば、「新型インフルエンザにみんなかかったら、もう「新型」ではなく「ありふれた」インフルエンザだから、もう特別扱いしないのでそれを国民に宣言するよ~」ということです。

スポンサーサイト
[ 2009/04/11 00:00 ] 感染症法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/399-726fb969










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。