TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沖縄県八重山保健所 医師会の協力を得た「診療所対応マニュアル」 

 【八重山】新型インフルエンザの感染を最小限に抑えようと、八重山福祉保健所の小林孝暢医師(42)はこのほど、八重山地区医師会の協力を得て「診療所対応マニュアル」を県内で初めて完成させた。厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室は「聞いたことがなく、非常に珍しい」と話している。

 新型インフルエンザ発症時は発熱や頭痛を訴え診療所などに患者が訪れる可能性があり、小林医師は「しっかり対応しなければ診療所が感染の温床になる」と危機感を抱き、昨年末から医師会の協力を得てマニュアル作成に取り組み、15ページにまとめた。  マニュアルでは「受付台帳」で患者や業者、付き添いなど来院者の来院・帰宅時間を把握し、感染が疑われる患者が見付かった場合は、隔離して福祉保健所への連絡と診療を一時中止することを明記した。

 来院者に配布する説明文や掲示する通知文も添付し、消毒液の作り方も記している。受付台帳で、患者との接触者一覧を作成して電話連絡することや、診療再開時の注意事項も盛り込んだ。

 マニュアルを各診療所に配布した八重山地区医師会は「いざというときにしっかり対応したい」と話している。(深沢友紀)
(2009年3月16日 琉球新報より引用・一部改編)

 八重山保健所のホームページを確認しましたが、残念ながら、一般公開はされていませんでした。今後、一般公開の予定があれば、他の自治体が参考にできますので、前向きに検討してもらいたいものです。

 なお、八重山保健所のホームページには沖縄らしく、マラリア関係のページがあるのはとても興味深いです。

スポンサーサイト
[ 2009/03/20 00:00 ] 発熱外来 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/403-8b0636fb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。