TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「感染ゼロキャンペーン」のその後 

2008年10月20日の記事で、

「感染ゼロキャンペーン」についてコメントしましたが、その後に映画公開もなされ、「感染列島」側は一定の効果を挙げたことでしょう。

一方、協賛している厚生労働省、文部科学省、日本医師会、(財)予防接種リサーチセンターの思惑は、

キャッチコピーである
「それは、命に関わる感染症。大切な人を、愛だけでは守れない。」
「はしかの予防接種を受けましたか?」

が達成されることだったのでしょう。

しかし、その結果は悲惨なものです。(接種率があまりにも低い)

タイアップキャンペーンには、Give and Takeの関係が不可欠ですが、今回、厚生労働省側が得た利益はほぼないのではないでしょうか。

参考
麻しんゼロと感染ゼロの大きな違いとは
子ども予防接種週間から考えるプレパンデミックワクチンの低い接種率


スポンサーサイト
[ 2009/03/25 00:00 ] テレビ・映画・雑誌記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/405-84001186










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。