TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

茨城県龍ケ崎市講演「新型インフルエンザの概要と対策について」平成21年3月22日13時~ 

新型インフルエンザをテーマとする市民健康フォーラムの開催について

 

新型インフルエンザをテーマとする市民健康フォーラムを

下記のとおり開催します。
世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザに関する

より一層の知識を深める機会として、ご参加ください。

             

              記

1.日 時:平成21年3月22日(日)     13時(開場)~15時30分

2.会 場:龍ケ崎市文化会館 小ホール  TEL64-1411

3.次第(予定)
   13:45~14:55
     講演会「新型インフルエンザの概要と対策について」
       講師:茨城県立中央病院  土井幹雄 副院長

   15:00~15:30

     シンポジウム
        テーマ「新型インフルエンザについて」 
         司会  山本法勝 先生
       (竜ケ崎市・牛久市医師会竜ケ崎支部長/山本医院 院長)

   回答者
     土井幹雄 先生 (茨城県立中央病院副院長)
     海老原次男 先生 (龍ケ崎済生会病院副院長)
     本多めぐみ 先生(竜ケ崎保健所 所長)

4.その他

   予約不要・入場無料です。


 茨城県立中央病院は、現在小児科一般外来が中止されるなど、非常に厳しい病院運営体制となっております。(平成21年4月以降、小児科一般外来再開の予定となっています。)

 現在の医療体制を維持するのも困難な中、新型インフルエンザ対策にどれだけ時間とカネと労力を費やすことができるのかが、現実なのですが、一般国民はこの状況をおそらく理解していないでしょう(要求ばかり多い)。

スポンサーサイト
[ 2009/03/22 00:00 ] 講演・セミナー | TB(0) | CM(1)

4/18(土)新型インフルセミナー

グラクソ・スミスクライン株式会社さんのセミナー情報です。

http://influenza.jp/index.html
http://influenza.jp/seminar/seminar_0904.pdf

企業におけるパンデミック対策
~共に危機を乗り越えるために~

講 師: 鈴木 宏先生 (新潟大学公衆衛生学 教授)
佐藤 潤一先生(三井物産株式会社 人事総務部健康管理室診療所長)

日 時 : 2009年4月18日(土)
     14時00分~17時00分 終了予定 (受付開始:13時30分)
会 場 : 大手町サンケイプラザ 4階ホール (定員200名)
主 催 : グラクソ・スミスクライン株式会社
後 援 : 新型インフルエンザ対策コンソーシアム
[ 2009/03/28 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/406-b0a18b05










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。