TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ワクチンの備蓄量は先進国最低」という誤解 

http://yasuragidc.hamazo.tv/e1709474.html

 「ワクチンの備蓄量は先進国最低」という講演を行っているというブログを発見しました。

 その講演を行っているのは、作家の岡田氏ではなく、日本医科大学教授の田代先生という人でした。

 その講演を聞いた歯科医師の認識は、上記ブログに記載があるので直接読んで頂きたいのですが、

「死者3億人にもなる恐ろしい事があまり危機感がないのも先進国で唯一日本なんだね。」
「新型インフルエンザでは血液を介して全身に炎症が起きてしまう。」
「ワクチンの製造技術も医療レベルも日本は世界一だと思う」
「ワクチンの備蓄量は先進国最低」

 と、明らかに事実と異なる認識をこのブログを書いている歯科医師はしています。間違った知識が植えつけられてしまっています。

 いったい、この平成21年3月に、日本医科大学教授の田代先生はどんな講演をしたのでしょうか。

 なお、日本医科大学のホームページを調べてみましたが、田代教授がどこの講座の教授か分かりませんでした。(というか、見つからないのです。どこの講座の教授なのでしょうか。)

参考
プレパンデミックワクチンは‘YES’か‘NO’か
プレパンデミックワクチンについて(IASRより)
アメリカは全国民分のプレパンデミックワクチンの備蓄を完了している?


スポンサーサイト
[ 2009/03/24 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

リンク先の歯科医院のブログを見たのですが、このブログに載っている写真が「田代教授」だとしたら、ほかでもない、達人の2008/07/16付の記事でも取り上げていた「田代ひろし」都議ですよ。
田代都議のブログを一応。本人の写真があります→http://ameblo.jp/tashiroh

ちなみに、この田代都議は、こと新型インフルエンザに関しては、岡田晴恵氏にすっかり傾倒していて、プレパンワクチン一辺倒、岡田氏受け売りの発言を繰り返しています。都議でしかも与党自民党所属、さらには医師にもかかわらず、ですよ。困ったものです。
第一この人、今も教授なんでしょうか?もし違っていたら、議員という立場上、経歴について誤解を与えるようなことはいかがなものでしょうかね。
[ 2009/03/25 22:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/407-b00e9c08










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。