TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ対策で1500億円の予算計上へ 

 厚生労働省は、新型インフルエンザ対策として、全国民分のワクチンを新型インフルエンザの発生から半年以内に生産するため、総額1500億円の基金を創設する。

 今年度補正予算案から数年かけて予算を計上する。2009年4月2日の与党プロジェクトチーム(座長・川崎二郎元厚生労働相)で了承を得た。

 現状の鶏卵を利用した生産体制では新型インフルの発生から全国民分を製造するのに1年半かかる。動物の細胞を利用する新しい生産法の開発に取り組むワクチン企業を支援し、生産期間を半年に短縮させる。
(2009年4月3日 読売新聞より引用・一部改編)
 基金と聞くと、企業や個人からの寄付金を求めたりすることによる第三者機関が設立され、そこに資金を集めるのかと思いましたが、各種記事を読んでみると、ただ単に税金を投入(予算計上する)して、新型インフルエンザ対策を行うよということだけでした。与党プロジェクトチームで了承を得たので、平成22年度予算に計上する理由付けがなされたということです。

 ですので、このニュースに目新しい内容は一切ありません。

スポンサーサイト
[ 2009/04/08 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/417-8dd67637










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。