TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第83回日本感染症学会総会のお知らせ 

 第83回日本感染症学会総会・学術講演会が2009年4月23日、24日に京王プラザホテルで開催されます。

 国立国際医療センター国際疾病センターの工藤宏一郎氏が感染症updateの中で「鳥インフルエンザ」と題して講演を行うほか、「オセルタミビル耐性H1N1」を取り上げた一般演題、さらには「新型インフルエンザシミュレーション」の成果も発表されます。

 また、4月23日には、「2007-2008,および2008-2009:オセルタミビル耐性H1N1 インフルエンザウイルスの流行」「本邦6 地域におけるオセルタミビル耐性H275Y 変異A/H1N1 インフルエンザウイルス発生頻度」の一般演題があるほか、「新型インフルエンザシミュレーション」と題する発表も予定されています。

 感染症にかかわる臨床医を中心に全国の感染症専門医、ICDが一同に会する絶好の機会です。この学会に集まる人たちの協力なくして、新型インフルエンザの治療はなしえないでしょう。

スポンサーサイト
[ 2009/04/18 00:00 ] 講演・セミナー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/420-b239b217










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。